Cisco ASA 5500シリーズにある複数の脆弱性(cisco-sa-20111005-asa)

high Nessus プラグイン ID 56631

概要

リモートセキュリティデバイスに、ベンダーが提供したセキュリティパッチがありません。

説明

リモート Cisco ASA にセキュリティパッチがなく、以下の問題の影響を受けることがあります。

- MSN IM 検査が有効化されている時、無効な形式の移行トラフィックの検査は、デバイスのリロードを引き起こす可能性があります。
(CVE-2011-3304)

- TACACS+ の認証が、ASA および TACACS+ サーバー間でのアクセスを持つ攻撃者によって、バイパスされる可能性があります。
(CVE-2011-3298)

- SunRPC 検査エンジンでの 4 つの DoS 脆弱性が、特別に細工された UDP トラフィックにより発生し、デバイスのリロードを引き起こす可能性があります。
(CVE-2011-3299、CVE-2011-3300、CVE-2011-3301、CVE-2011-3302)

- ILS検査が有効化されている時、無効な形式の移行トラフィックの検査は、デバイスのリロードを引き起こし、持続されるDoS状態を生み出す可能性があります。(CVE-2011-3303)

ソリューション

適切な Cisco ASA パッチを適用してください(プラグイン出力を参照)。

関連情報

http://www.nessus.org/u?4d707431

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 56631

ファイル名: cisco-sa-20111005-asa.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

ファミリー: CISCO

公開日: 2011/10/25

更新日: 2018/11/15

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.9

Temporal Score: 5.8

ベクトル: AV:A/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/h:cisco:asa_5500, cpe:/a:cisco:adaptive_security_appliance_software

必要な KB アイテム: Host/Cisco/ASA, Host/Cisco/ASA/model

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2011/10/5

脆弱性公開日: 2011/10/5

参照情報

CVE: CVE-2011-3298, CVE-2011-3299, CVE-2011-3300, CVE-2011-3301, CVE-2011-3302, CVE-2011-3303, CVE-2011-3304

BID: 49951, 49952, 49956