Fedora 16 : java-1.6.0-openjdk-1.6.0.0-60.1.10.4.fc16 (2011-15020) (BEAST)

critical Nessus プラグイン ID 56719
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのFedoraホストにセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

最新の upstream バグ修正リリースへの更新

- セキュリティ修正

- S7000600、CVE-2011-3547:InputStream skip() 情報漏洩

- S7019773、CVE-2011-3548:変更可能な静的 AWTKeyStroke.ctor

- S7023640、CVE-2011-3551:Java2D TransformHelper 整数オーバーフロー

- S7032417、CVE-2011-3552:SecurityManager の下での過剰なデフォルトの UDP ソケットの制限

- S7046794、CVE-2011-3553:JAX-WS スタック追跡情報漏洩

- S7046823、CVE-2011-3544:スクリプトエンジンでの SecurityManager チェックの欠如

- S7055902、CVE-2011-3521:IIOP 逆シリアル化コード実行

- S7057857、CVE-2011-3554:pack200 JAR ファイルの uncompress のエラーチェックが不十分

- S7064341、CVE-2011-3389:HTTPS:SSL/TLS に対するブロック毎の選択平文攻撃(BEAST)

- S7070134、CVE-2011-3558:ホットスポットが PorterStemmer からの sigsegv でクラッシュ

- S7077466、CVE-2011-3556:RMI DGC サーバーリモートコードの実行

- S7083012、CVE-2011-3557:RMI レジストリの権限のあるコード実行

- S7096936、CVE-2011-3560:HttpsURLConnection での checkSetFactory 呼び出しの欠如

- バグ修正

- RH727195:日本語のフォントマッピングが壊れている

- バックポート

- S6826104、RH730015:[Application & Toolkit Modal] ダイアログをクリックした場合の NullPointer 例外の取得

- Zero/Shark

- PR690:Shark が、hs20 を使用する JIT に対して失敗します。

- PR696:Zero が、hs20 での fast_aldc および fast_aldc_w の処理で失敗します。

- 最新の glibc ライブラリでの構築可能性に関する S7103224 のための(おそらく一時的な)ソリューションとして Patch6 を追加しました。

注意:Tenable Network Security は、前述の記述ブロックを Fedora セキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenableでは、そこに新しい問題を追加することはせずに、できる限り自動的に整理と書式設定をするようにしています。

ソリューション

影響を受ける java-1.6.0-openjdk パッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=737506

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=745379

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=745387

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=745391

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=745397

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=745399

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=745442

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=745447

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=745459

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=745464

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=745473

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=745476

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=745492

http://www.nessus.org/u?245b2342

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 56719

ファイル名: fedora_2011-15020.nasl

バージョン: 1.24

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2011/11/7

更新日: 2021/1/11

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.9

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.8

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: CVSS2#E:POC/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:2.3:o:fedoraproject:fedora:16:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:fedoraproject:fedora:java-1.6.0-openjdk:*:*:*:*:*:*:*

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2011/10/28

エクスプロイト可能

CANVAS (CANVAS)

Core Impact

Metasploit (Java RMI Server Insecure Default Configuration Java Code Execution)

参照情報

CVE: CVE-2011-3544, CVE-2011-3389, CVE-2011-3521, CVE-2011-3547, CVE-2011-3548, CVE-2011-3551, CVE-2011-3552, CVE-2011-3553, CVE-2011-3554, CVE-2011-3556, CVE-2011-3557, CVE-2011-3558, CVE-2011-3560

BID: 49778, 50211, 50215, 50216, 50218, 50224, 50231, 50234, 50236, 50242, 50243, 50246, 50248

FEDORA: 2011-15020