Mandriva Linux セキュリティアドバイザリ:gimp(MDVSA-2011: 167)

medium Nessus プラグイン ID 56726

概要

リモート Mandriva Linux ホストには、1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

gimp に脆弱性が発見され、修正されました:

1.4.7 以前の CUPS の filter/image-gif.c の gif_read_lzw 関数で使用される、 PBMPLUS にある David Koblas GIF デコーダーのgiftoppm.c の LWZReadByte 関数、GIMP 2.6.11 以前の plug-ins/common/file-gif-load.c の LZWReadByte 関数、SWI-Prolog 5.10.4 以前の XPCE の img/gifread.c の LZWReadByte 関数、および他の製品にある LZW 展開プログラムが展開テーブルに存在しないコードワードに遭遇すると、それらを適切に処理しません。これにより、リモートの攻撃者が、無限ループまたはヒープベースのバッファオーバーフローを発生させ、細工された圧縮ストリームを介して任意のコードを実行する可能性があります。これは CVE-2006-1168 およびCVE-2011-2895 に関連のある問題です(CVE-2011-2896)。

更新パッケージには、これらの問題を修正するため、パッチが適用されています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 56726

ファイル名: mandriva_MDVSA-2011-167.nasl

バージョン: 1.9

タイプ: local

公開日: 2011/11/7

更新日: 2021/1/6

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.1

Temporal Score: 4.4

ベクトル: AV:N/AC:H/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:ND/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:mandriva:linux:gimp, p-cpe:/a:mandriva:linux:gimp-python, p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64gimp2.0-devel, p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64gimp2.0_0, p-cpe:/a:mandriva:linux:libgimp2.0-devel, p-cpe:/a:mandriva:linux:libgimp2.0_0, cpe:/o:mandriva:linux:2010.1, cpe:/o:mandriva:linux:2011

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/Mandrake/release, Host/Mandrake/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2011/11/4

参照情報

CVE: CVE-2011-2896

BID: 49148

MDVSA: 2011:167