Ubuntu 10.04 LTS/10.10 LTS/11.04 LTS/11.10:tomcat6の脆弱性(USN-1252-1)

high Nessus プラグイン ID 56746

概要

リモートのUbuntuホストにセキュリティ関連のパッチがありません。

説明

Tomcat が HTTP DIGEST 認証を不適切に実装していることが判明しました。攻撃者がこの欠陥を利用して、さまざまな認証攻撃を仕掛ける可能性があります。(CVE-2011-1184)

Polina Genova 氏は、JMX ユーザー作成中にエラーに遭遇したときに、Tomcat がパスワード付きのログエントリを不適切に作成することを発見しました。ローカルの攻撃者がこの欠陥を利用して、機密情報を取得する可能性があります。この問題の影響を受けるのは、Ubuntu 10.04 LTS、10.10および11.04のみでした。(CVE-2011-2204)。

Tomcat が、sendfile の有効時に特定のリクエスト属性を不適切に検証することが判明しました。ローカルの攻撃者が、意図された制限をバイパスしたり、JVMをクラッシュさせ、サービス拒否を引き起こしたりする可能性があります。(CVE-2011-2526)

Tomcat が特定の AJP リクエストを不適切に処理していることが判明しました。リモートの攻撃者がこの欠陥を利用して、リクエストを偽装したり、認証をバイパスしたり、機密情報を取得したりする可能性があります。この問題の影響を受けるのは、Ubuntu 10.04 LTS、10.10および11.04のみでした。(CVE-2011-3190)。

注意: Tenable Network Securityは、前述の説明ブロックをUbuntuセキュリティアドバイザリからすでに直接抽出しています。Tenableでは、そこに新しい問題を追加することはせずに、できる限り自動的に整理と書式設定をするようにしています。

ソリューション

影響を受ける libtomcat6-java パッケージを更新してください。

関連情報

https://usn.ubuntu.com/1252-1/

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 56746

ファイル名: ubuntu_USN-1252-1.nasl

バージョン: 1.10

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2011/11/9

更新日: 2019/9/19

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.8

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:libtomcat6-java, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:10.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:10.10, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:11.04, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:11.10

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2011/11/8

脆弱性公開日: 2011/6/29

参照情報

CVE: CVE-2011-1184, CVE-2011-2204, CVE-2011-2526, CVE-2011-3190

BID: 48456, 48667, 49353, 49762

USN: 1252-1