Ubuntu 10.04 LTS:linuxの脆弱性(USN-1253-1)

critical Nessus プラグイン ID 56747

概要

リモートのUbuntuホストに1つまたは複数のセキュリティ関連のパッチがありません。

説明

Ryan Sweat 氏は、カーネルが特定の VLAN パケットを不適切に処理することを発見しました。一部のシステムで、リモートの攻撃者が特別に細工されたトラフィックを送信し、システムをクラッシュさせたり、サービス拒否を引き起こしたりする可能性があります。
(CVE-2011-1576)

Vasiliy Kulikov 氏と Dan Rosenberg 氏は、ecryptfs がマウントポイントのオリジンが不適切にチェックされたことを発見しました。ローカルの攻撃者がこれを悪用して、任意のマウントポイントをアンマウントするようにシステムをトリックし、サービス拒否を引き起こすことができます。(CVE-2011-1833)

Vasiliy Kulikov 氏は、taskstats によってアクセス制限が実行されないことを発見しました。ローカルの攻撃者がこれを悪用して、特定の情報を読み取り、プライバシーの喪失を引き起こす恐れがあります。(CVE-2011-2494)

Vasiliy Kulikov は、/proc/PID/io によってアクセス制限が実行されないことを、発見しました。ローカルの攻撃者がこれを悪用して、特定の情報を読み取り、プライバシーの喪失を引き起こす恐れがあります。(CVE-2011-2495)

Dan Rosenberg 氏は、Bluetooth スタックが特定の L2CAP リクエストを不適切に処理することを発見しました。システムがBluetoothを使用していた場合、リモートの攻撃者が特別に細工したトラフィックを送信し、システムをクラッシュさせたり、root権限を取得したりする可能性があります。(CVE-2011-2497)

EXT4 ファイルシステムに複数の off-by-one 欠陥が含まれることがわかりました。ローカルの攻撃者がこれを悪用して、システムをクラッシュさせ、サービス拒否を引き起こす恐れがあります。(CVE-2011-2695)

Fernando Gont 氏は、IPv6 スタックが予測可能なフラグメント ID 番号を使用することを発見しました。リモートの攻撃者がこれを悪用して、ネットワークリソースを消費し、サービス拒否を引き起こすことができます。
(CVE-2011-2699)

Christian Ohm は、perf コマンドが構成ファイルを現在のディレクトリで探すことを、発見しました。特権ユーザーがトリックにかけられ、悪意がある構成ファイルが含まれているディレクトリで perf を実行すると、攻撃者が任意のコマンドを実行し、権限を取得する可能性があります。
(CVE-2011-2905)

Time Warns 氏は、Be ファイルシステムで長いシンボリックリンクが不適切に処理されることを発見しました。ローカルの攻撃者が不正な形式の Be ファイルシステムでこれを悪用し、システムをクラッシュさせたり、サービス拒否を引き起こしたりする可能性があります。
(CVE-2011-2928)

Dan Kaminsky 氏は、カーネルがシーケンス乱数発生を不適切に処理することを発見しました。攻撃者はこの欠陥を利用して、シーケンス番号を予測しパケットを注入する可能性があります。(CVE-2011-3188)

Darren Lavender 氏は、CIFS クライアントが特定の大きな値を不適切に処理することを発見しました。悪意のあるサーバーを保有するリモートの攻撃者がこれを悪用して、システムをクラッシュさせたり、rootユーザーとして任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2011-3191)

Han-Wen Nienhuys は、FUSE カーネルモジュールの欠陥を報告しました。FUSE ファイルシステムをマウントできるローカルのユーザーが、サービス拒否を引き起こす可能性があります。
(CVE-2011-3353)

Gideon Naim 氏は、Linux カーネルによる VLAN 0 フレームの処理に欠陥を発見しました。ローカルネットワーク上の攻撃者がこの欠陥を悪用し、サービス拒否を引き起こす可能性があります。(CVE-2011-3593)

注意: Tenable Network Securityは、前述の説明ブロックをUbuntuセキュリティアドバイザリからすでに直接抽出しています。Tenableでは、新たな問題を持ち込まずに、できる限り自動的に整理して書式設定するようにしています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://usn.ubuntu.com/1253-1/

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 56747

ファイル名: ubuntu_USN-1253-1.nasl

バージョン: 1.12

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2011/11/9

更新日: 2019/9/19

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.4

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-2.6-386, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-2.6-generic, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-2.6-generic-pae, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-2.6-lpia, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-2.6-preempt, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-2.6-server, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-2.6-versatile, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-2.6-virtual, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:10.04:-:lts

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2011/11/8

脆弱性公開日: 2011/7/28

参照情報

CVE: CVE-2011-1576, CVE-2011-1833, CVE-2011-2494, CVE-2011-2495, CVE-2011-2497, CVE-2011-2695, CVE-2011-2699, CVE-2011-2905, CVE-2011-2928, CVE-2011-3188, CVE-2011-3191, CVE-2011-3353, CVE-2011-3593

BID: 48472, 48697, 48802, 48907, 49108, 49140, 49256, 49289, 49295, 49408, 50314

USN: 1253-1