Mandriva Linux セキュリティアドバイザリ:bind(MDVSA-2011: 176-2)

medium Nessus プラグイン ID 56858

概要

リモート Mandriva Linux ホストには、1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

bind で脆弱性が発見され、訂正されました:

キャッシュ検索では、存在しないレコードに関連付けられた RRSIG データが返り、これによってアサーションエラーが引き起こされる可能性があります。[ISC RT #26590](CVE-2011-4313)。

更新パッケージが、この問題に対して脆弱でない 9.7.4-P1 および 9.8.1-P1 をバインドするようにアップグレードされています。

更新:

これまでのパッケージ作成の誤りにより、MDVSA-2011:176およびMDVSA-2011:176-1のアドバイザリでMandriva Enterprise Server 5.2およびMandriva Linux 2010.2用に提供されていたパッケージに間違ったリリース番号が付いていたため、余計な作業が必要となり、効率的にインストールできませんでした。このアドバイザリでは修正されたパッケージを提供し、問題に対処しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.isc.org/software/bind/advisories/CVE-2011-4313

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 56858

ファイル名: mandriva_MDVSA-2011-176.nasl

バージョン: 1.15

タイプ: local

公開日: 2011/11/17

更新日: 2021/1/6

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:mandriva:linux:bind, p-cpe:/a:mandriva:linux:bind-devel, p-cpe:/a:mandriva:linux:bind-doc, p-cpe:/a:mandriva:linux:bind-utils, cpe:/o:mandriva:linux:2010.1

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/Mandrake/release, Host/Mandrake/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2011/11/18

参照情報

CVE: CVE-2011-4313

BID: 50690

MDVSA: 2011:176-2