Ubuntu 8.04 LTS / 10.04 LTS / 10.10 / 11.04 / 11.10 : bind9 vulnerability (USN-1264-1)

medium Nessus プラグイン ID 56861
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

The remote Ubuntu host is missing one or more security-related patches.

説明

It was discovered that Bind incorrectly handled certain specially crafted packets. A remote attacker could use this flaw to cause Bind to crash, resulting in a denial of service.

Note that Tenable Network Security has extracted the preceding description block directly from the Ubuntu security advisory. Tenable has attempted to automatically clean and format it as much as possible without introducing additional issues.

ソリューション

Update the affected packages.

関連情報

https://usn.ubuntu.com/1264-1/

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 56861

ファイル名: ubuntu_USN-1264-1.nasl

バージョン: 1.11

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2011/11/17

更新日: 2019/9/19

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:libdns36, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:libdns64, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:libdns66, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:libdns69, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:10.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:10.10, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:11.04, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:11.10, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:8.04:-:lts

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2011/11/16

脆弱性公開日: 2011/11/29

参照情報

CVE: CVE-2011-4313

USN: 1264-1