ProFTPD < 1.3.3g/1.3.4 応答プールUse-After-Freeコード実行

high Nessus プラグイン ID 56956

概要

リモートFTPサーバーは、コードの実行の脆弱性の影響を受けます。

説明

UnixおよびLinux用の無料のFTPサーバーであるProFTPDが、リモートホストで使用されています。

バナーによると、リモートホストにインストールされているProFTPDのバージョンは1.3.3gあるいは1.3.4より前です。そのため、サーバーからクライアントへの応答を送信するのに使用される応答プールをサーバーが管理する方法でコード実行可能な脆弱性に影響を受けている可能性があります。リモートの認証されている攻撃者が、この問題を利用し、影響を受けるアプリケーションを実行しているユーザーの権限範囲で、リモートホストで任意のコードを実行する可能性があります。

Nessusでは、実際には欠陥をテストせず、その代わりにProFTPDのバナーに表示されるバージョンを頼りにしていることに注意してください。

ソリューション

ProFTPDバージョン1.3.3g/1.3.4以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://www.zerodayinitiative.com/advisories/ZDI-11-328/

https://seclists.org/fulldisclosure/2011/Nov/174

http://bugs.proftpd.org/show_bug.cgi?id=3711

http://www.nessus.org/u?c4b46de4

http://www.nessus.org/u?3c33326d

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 56956

ファイル名: proftpd_1_3_3g.nasl

バージョン: 1.11

タイプ: remote

ファミリー: FTP

公開日: 2011/11/28

更新日: 2020/3/27

構成: パラノイドモードの有効化

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9

Temporal Score: 6.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:S/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2011-4130

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:proftpd:proftpd

必要な KB アイテム: ftp/proftpd, Settings/ParanoidReport

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2011/11/9

脆弱性公開日: 2011/11/11

参照情報

CVE: CVE-2011-4130

BID: 50631