Oracle WebLogic の検出

info Nessus プラグイン ID 56979
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート Web サーバーは Oracle WebLogic です。

説明

Java EE アプリケーションサーバーである Oracle(旧 BEA)WebLogic が、リモートホストで実行されています。

ソリューション

該当なし

関連情報

http://www.nessus.org/u?d2b4620b

プラグインの詳細

深刻度: Info

ID: 56979

ファイル名: weblogic_detect.nasl

バージョン: 1.14

タイプ: remote

ファミリー: Web Servers

公開日: 2011/11/30

更新日: 2020/9/22

依存関係: http_version.nasl, t3_detect.nasl, ldap_detect.nasl, weblogic_www_detect.nasl, oracle_weblogic_snmp_detect_tcp.nasl

資産インベントリ: true

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:bea:weblogic_server, cpe:/a:oracle:weblogic_server

参照情報

IAVT: 0001-T-0698