Debian DSA-2356-1:openjdk-6 - 複数の脆弱性(BEAST)

critical Nessus プラグイン ID 56987

概要

リモートのDebianホストにセキュリティ関連の更新プログラムがありません。

説明

Java プラットフォームの実装である OpenJDK で、いくつかの脆弱性が発見されています:

- CVE-2011-3389 CBC モードでブロック暗号が利用されている場合に、TLS 実装による一部の選択平文攻撃に対する防御が正しくありません。

- CVE-2011-3521 CORBA 実装には IIOP 実装で逆シリアル化脆弱性が含まれており、信頼されない Java コード(アプレットなど)による権限昇格を可能にします。

- CVE-2011-3544 Java スクリプティングエンジンには必要なセキュリティマネージャーのチェックが欠落しており、信頼されない Java コード(アプレットなど)による権限昇格を可能にします。

- CVE-2011-3547 java.io.InputStream の skip() メソッドが共有バッファを利用することで、他のコードならスキップするデータに、信頼されない Java コード(アプレットなど)がアクセスできるようにします。

- CVE-2011-3548 java.awt.AWTKeyStroke クラスに含まれる欠陥により、信頼されない Java コード(アプレットなど)による権限昇格を可能にします。

- CVE-2011-3551 Java2D C コードには整数オーバーフローが含まれていてヒープベースのバッファオーバーフローに陥ったり、信頼されないJava コード(アプレットなど)による権限昇格を可能にします。

- CVE-2011-3552 悪意ある Java コードが過大な量の UDP ポートを利用することで、サービス拒否を招く場合があります。

- CVE-2011-3553 JAX-WS はデフォルトで一部のサーバー応答についてスタックトレースを可能にしており、機密情報を漏洩する可能性があります。

- CVE-2011-3554 pack200 フォーマットの JAR ファイルのエラーチェックが正しく行われておらず、細工された pack200 ファイルをアンパックする場合に、任意のコードの実行を招く可能性があります。

- CVE-2011-3556 RMI Registry サーバーには一部のメソッドのアクセス制限が欠落しており、リモートのクライアントは任意のコードを実行できる場合があります。

- CVE-2011-3557 RMI Registry サーバーは信頼されない Java コードの権限を制限できておらず、RMI クライアントが RMI Registry サーバーで権限を昇格できる場合があります。

- CVE-2011-3560 setSSLSocketFactory() メソッドでクラス com.sun.net.ssl.HttpsURLConnection はセキュリティマネージャーのチェックを正しく実行しておらず、信頼されない Java コードがセキュリティポリシーの制限をバイパスできる場合があります。

ソリューション

openjdk-6 パッケージをアップグレードしてください。

安定版(stable)ディストリビューション(squeeze)では、この問題はバージョン6b18-1.8.10-0+squeeze2で修正されました。

関連情報

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2011-3389

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2011-3521

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2011-3544

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2011-3547

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2011-3548

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2011-3551

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2011-3552

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2011-3553

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2011-3554

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2011-3556

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2011-3557

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2011-3560

https://packages.debian.org/source/squeeze/openjdk-6

https://www.debian.org/security/2011/dsa-2356

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 56987

ファイル名: debian_DSA-2356.nasl

バージョン: 1.27

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2011/12/2

更新日: 2022/3/8

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.8

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:debian:debian_linux:openjdk-6, cpe:/o:debian:debian_linux:6.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Debian/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2011/12/1

CISAの既知の悪用日: 2022/3/24

エクスプロイト可能

CANVAS (CANVAS)

Core Impact

Metasploit (Java RMI Server Insecure Default Configuration Java Code Execution)

参照情報

CVE: CVE-2011-3389, CVE-2011-3521, CVE-2011-3544, CVE-2011-3547, CVE-2011-3548, CVE-2011-3551, CVE-2011-3552, CVE-2011-3553, CVE-2011-3554, CVE-2011-3556, CVE-2011-3557, CVE-2011-3560

BID: 49388, 49778, 50211, 50215, 50216, 50218, 50224, 50231, 50234, 50236, 50243, 50246, 50248

DSA: 2356