Ubuntu 10.04 LTS:linuxの脆弱性(USN-1311-1)

high Nessus プラグイン ID 57342

概要

リモートのUbuntuホストに1つまたは複数のセキュリティ関連のパッチがありません。

説明

Peter Huewe は、セキュリティ関連 TPM データの読み取り処理に情報漏洩を発見しました。権限のないローカルユーザーが以前の TPM コマンドの結果を読み取るおそれがあります。(CVE-2011-1162)

XFS ファイルシステムのパス名の処理でバグが見つかりました。ローカルの攻撃者が、これを悪用することにより、システムをクラッシュさせ、サービス拒否を引き起こしたり、root 権限を取得したりする可能性があります。(CVE-2011-4077)

Nick Bowler は、カーネルの GHASH メッセージダイジェストアルゴリズムがエラー条件を不適切に処理していることを発見しました。ローカルの攻撃者が、これを悪用して、カーネル oops を引き起こす可能性があります。(CVE-2011-4081)

* Journaling Block Device(JBD)で欠陥が見つかりました。ext3 ファイルシステムまたは ext4 ファイルシステムをマウントできるローカルの攻撃者が、これを悪用することにより、システムをクラッシュさせたり、サービス拒否を引き起こしたりする可能性があります。(CVE-2011-4132)

udp6_ufo_fragment() 関数でヘッドルームチェックを実行する方法に、バグが見つかりました。リモートの攻撃者がこの欠陥を利用して、システムをクラッシュさせる可能性があります。(CVE-2011-4326)

Clement Lecigne 氏は、HFS ファイルシステムの境界チェックにバグがあることを発見しました。無効な形式の HFS ファイルシステムがマウントされた場合、ローカルのユーザーがシステムをクラッシュさせたり、root 権限を取得したりする可能性があります。(CVE-2011-4330)

注意: Tenable Network Securityは、前述の説明ブロックをUbuntuセキュリティアドバイザリからすでに直接抽出しています。Tenableでは、新たな問題を持ち込まずに、できる限り自動的に整理して書式設定するようにしています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://usn.ubuntu.com/1311-1/

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 57342

ファイル名: ubuntu_USN-1311-1.nasl

バージョン: 1.11

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2011/12/20

更新日: 2019/9/19

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 5.3

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-2.6-386, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-2.6-generic, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-2.6-generic-pae, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-2.6-lpia, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-2.6-preempt, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-2.6-server, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-2.6-versatile, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-2.6-virtual, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:10.04:-:lts

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2011/12/19

脆弱性公開日: 2012/1/27

参照情報

CVE: CVE-2011-1162, CVE-2011-4077, CVE-2011-4081, CVE-2011-4132, CVE-2011-4326, CVE-2011-4330

BID: 50370, 50663, 50750, 50751, 50764

USN: 1311-1