FreeBSD の「telnetd」デーモンのリモートバッファオーバーフロー

critical Nessus プラグイン ID 57462

概要

Telnet サーバーにリモートバッファオーバーフロー脆弱性があります。

説明

FreeBSD 7.3 ~ 9.0、MIT Kerberos バージョン 5 アプリケーション(別名 krb5-appl)1.0.2 または以前、および Heimdal 1.5.1 または以前の telnetd の libtelnet/encrypt.c に、バッファオーバーフローが存在します。この脆弱性は、FreeBSD コードベースから派生したすべての「telnetd」サービスにも影響します。
悪用に成功することによってリモートの攻撃者は、長い暗号化鍵を使って任意のコードを実行できることがあります。

この脆弱性は、2011 年 12 月以来、野放しで悪用されていることに、注意してください。

ソリューション

ベンダーのアドバイザリで指定されているバージョンの FreeBSD「telnetd」にアップグレードしてください。

関連情報

http://web.mit.edu/kerberos/www/advisories/MITKRB5-SA-2011-008.txt

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 57462

ファイル名: telnetd_encrypt_overflow.nbin

バージョン: 1.62

タイプ: remote

ファミリー: Gain a shell remotely

公開日: 2012/1/9

更新日: 2022/4/11

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.2

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.3

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:F/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:freebsd:freebsd

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2011/12/23

脆弱性公開日: 2011/12/23

エクスプロイト可能

Core Impact

Metasploit (Linux BSD-derived Telnet Service Encryption Key ID Buffer Overflow)

ExploitHub (EH-11-760)

参照情報

CVE: CVE-2011-4862

BID: 51182

DSA: 2372, 2373, 2375

RHSA: 2011:1851, 2011:1852

FREEBSD: SA-11:08.telnetd