Ubuntu 10.04 LTS / 10.10:xulrunner-1.9.2 の脆弱性(USN-1353-1)

critical Nessus プラグイン ID 57874

概要

リモート Ubuntu ホストにセキュリティ関連パッチがありません。

説明

Jesse Ruderman 氏および Bob Clary 氏は、Gecko Browser エンジンに影響を与えるメモリ安全性の問題を発見しました。ユーザーが騙されて、特別に細工されたページを開いた場合、攻撃者がこれを悪用して、アプリケーションのクラッシュを通じて、サービス拒否を引き起こしたり、Xulrunner を起動しているユーザーの権限でコードを実行する可能性があります。(CVE-2012-0442)

Gecko Browser エンジンが DOM 内のノードを適切に削除していないことが判明しました。ユーザーを騙して特別に細工されたページを開かせると、攻撃者は、これを悪用して、アプリケーションをクラッシュをさせ、サービス拒否を引き起こすことや、Xulrunner を呼び出すユーザーの権限でコードを実行する可能性があります。(CVE-2011-3659)

Ogg Vorbis ファイルをデコードする際にメモリ破損が発生する可能性があることが判明しました。ユーザーを騙して特別に細工されたファイルを開かせると、攻撃者は、これを悪用して、アプリケーションをクラッシュをさせ、サービス拒否を引き起こしたり、Xulrunner を呼び出すユーザーの権限でコードを実行する可能性があります。(CVE-2012-0444)

Nicolas Gregoire 氏と Aki Helin 氏は、無効な形式の埋め込み XSLT スタイルシートを処理するときに、メモリ破損により、Xulrunner がクラッシュする可能性があることを発見しました。ユーザーを騙して特別に細工されたページを開かせると、攻撃者は、これを悪用して、アプリケーションをクラッシュをさせ、サービス拒否を引き起こすことや、Xulrunner を呼び出すユーザーの権限でコードを実行する可能性があります。(CVE-2012-0449)

Gregory Fleischer 氏は、特定のプロキシを経由する IPv6 ホスト名構文を使用したリクエストがエラーを引き起こす場合があることを発見しました。攻撃者が、これを利用することにより、エラーメッセージから機密データを読み取る可能性があります。
(CVE-2011-3670)。

ソリューション

影響を受ける xulrunner-1.9.2 パッケージを更新してください。

関連情報

https://usn.ubuntu.com/1353-1/

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 57874

ファイル名: ubuntu_USN-1353-1.nasl

バージョン: 1.15

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2012/2/9

更新日: 2019/9/19

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 8.9

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:xulrunner-1.9.2, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:10.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:10.10

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2012/2/8

脆弱性公開日: 2012/2/1

エクスプロイト可能

CANVAS (White_Phosphorus)

Metasploit (Firefox 8/9 AttributeChildRemoved() Use-After-Free)

参照情報

CVE: CVE-2011-3659, CVE-2011-3670, CVE-2012-0442, CVE-2012-0444, CVE-2012-0449

BID: 51753, 51754, 51755, 51756, 51786

USN: 1353-1