RHEL 5:カーネル(RHSA-2012:0107)

high Nessus プラグイン ID 57885

概要

リモート Red Hat ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

複数のセキュリティの問題および 2 つのバグを修正する、更新済みのカーネルパッケージが Red Hat Enterprise Linux 5 で現在利用可能です。

Red Hat セキュリティレスポンスチームは、この更新には重大なセキュリティ上の影響があると評価しています。詳細な重要度の評価を提供する Common Vulnerability Scoring System (CVSS)のベーススコアが、「参照」セクションの CVE リンクの各脆弱性に対して利用可能です。

カーネルパッケージには Linux オペレーティングシステムのコアである Linux カーネルが含まれています。

この更新では以下のセキュリティ上の問題が修正されます:

* SG_IO IOCTL を使用して、SCSI リクエストをパーティションまたは LVM ボリュームに発行することにより、結果的にこのリクエストが下層のブロックデバイスに受け渡されます。特権ユーザーだけが単一のパーティションまたは LVM ボリュームに対するアクセス権を持っていた場合、このユーザーがこの欠陥を利用して、この制限をバイパスし、ブロックデバイス全体の読み取りおよび書き込みアクセス権を取得する(および他の SCSI コマンドを発行できるようになる)ことが可能でした。この問題の詳細については、「参照」にリンクされている Red Hat Knowledgebase の「DOC-67874」の文章を参照してください。(CVE-2011-4127、重要度高)

* exec() 呼び出しにおいて、Linux カーネルが、ユーザー空間が保持する futex の堅牢なリストポインターを処理する方法で、欠陥が見つかりました。ローカルの権限のないユーザーがこの欠陥を利用することで、サービス拒否を引き起こしたり、自分の権限を昇格させたりする可能性があります。(CVE-2012-0028、重要度高)

* 2 つの範囲を ext4_ext_convert_to_initialized() で分割する方法で Linux カーネルに欠陥が見つかりました。ext4 ファイルシステムをマウントおよびアンマウントできる権限のないローカルユーザーがこの欠陥を利用して、サービス拒否を発生させる可能性があります。
(CVE-2011-3638、重要度中)

* Linux カーネルの journal_unmap_buffer() 関数がバッファヘッド状態を処理する方法で、欠陥が見つかりました。ジャーナルがマウントされている ext4 ファイルシステムを持つシステムで、権限のないローカルユーザーがこの欠陥を利用して、サービス拒否を引き起こすことが可能でした。
(CVE-2011-4086、重要度中)

*Linux カーネルの igmp_heard_query() 関数に、ゼロ除算欠陥が見つかりました。特定の IGMP(Internet Group Management Protocol)パケットをターゲットシステムに送信できる攻撃者が、この欠陥を利用してサービス拒否を引き起こすことが可能でした。(CVE-2012-0207、重要度中)

Red Hat は CVE-2011-3638 を報告してくれた Zheng Liu 氏、および CVE-2012-0207 を報告してくれた Simon McVittie 氏に感謝の意を表します。

この更新は以下のバグも修正します:

* ホストがリカバリーモードで、SCSI スキャンが開始された場合、スキャン処理が失敗しましたが、エラーは出力されませんでした。
このバグは修正されていて、現時点で SCSI レイヤーはホストの回復を待ってデバイスのスキャン操作を完了します。(BZ#772162)

* Red Hat Enterprise Linux 5 virtio-blk ドライバーで、SG_IO ioctls が適切に実装されませんでした。SG_IO ioctl リクエストを virtio-blk ディスクに送信すると、送信スレッドが中断不可能な SLEEP 状態(「D」状態)になります。この更新により、 SG_IO ioctls は virtio-blk ドライバーによって拒否されます。ioctl システムコールが ENOTTY エラー(「デバイスにとって不適切な ioctl」)を返すだけで、スレッドは正常に続行されます。(BZ#773322)

ユーザーは、バックポートされたパッチが含まれるこれらの更新済みパッケージへアップグレードし、これらの問題を解決する必要があります。この更新を有効にするには、システムを再起動する必要があります。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/articles/67869

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2012:0107

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2011-3638

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2011-4127

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2012-0028

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2012-0207

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2011-4086

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 57885

ファイル名: redhat-RHSA-2012-0107.nasl

バージョン: 1.23

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2012/2/10

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 6.4

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:C

現状ベクトル: E:F/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

現状ベクトル: E:F/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-PAE, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-PAE-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debug, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debug-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-doc, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-headers, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-kdump, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-kdump-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-xen, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-xen-devel, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:5

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2012/2/9

脆弱性公開日: 2012/5/17

エクスプロイト可能

Core Impact

参照情報

CVE: CVE-2011-3638, CVE-2011-4086, CVE-2011-4127, CVE-2012-0028, CVE-2012-0207

BID: 50322, 51176, 51343

RHSA: 2012:0107