RHEL 5:busybox(RHSA-2012:0308)

high Nessus プラグイン ID 58062
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート Red Hat ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

2 つのセキュリティの問題と 2 つのバグを修正する更新済みの busybox パッケージが、Red Hat Enterprise Linux 5 で現在利用可能です。

Red Hat セキュリティレスポンスチームは、この更新によるセキュリティ上の影響は小さいと評価しています。詳細な重要度の評価を提供する Common Vulnerability Scoring System (CVSS)のベーススコアが、「参照」セクションの CVE リンクの各脆弱性に対して利用可能です。

BusyBox はシェルを含む多数のシステムコマンドのバージョンを含むバイナリを 1 つ提供します。これは、特定タイプのシステム障害、とりわけ破損した共有ライブラリに関するシステム障害から回復する場合に非常に役立つ可能性があります。

BusyBox の uncompress ユーティリティが Lempel-Ziv 圧縮を使用して圧縮された特定のアーカイブファイルを展開する方法で、バッファアンダーフローの欠陥が見つかりました。ユーザーが騙されて、特別に細工されたアーカイブファイルを uncompress を用いて展開すると、BusyBox のクラッシュを引き起こしたり、BusyBox を実行しているユーザーの権限で任意のコードが実行されたりする可能性があります。(CVE-2006-1168)

BusyBox DHCP クライアントである udhcpc は、クライアントのホスト名など DHCP サーバー応答で提供される特定のオプションを充分にサニタイズしていません。
悪意ある DHCP サーバーが、特別に細工された値のあるそのようなオプションを DHCP クライアントに送信する可能性があります。このオプションの値がクライアントシステムに保存され、後で、このオプションが信頼できると推定したプロセスによって安全でない状態で評価されると、そのプロセスの権限で任意のコードが実行される可能性があります。注:udhcpc は Red Hat Enterprise Linux でデフォルトでは使用されず、DHCP クライアントスクリプトは busybox パッケージで提供されていません。(CVE-2011-2716)

この更新は以下のバグも修正します:

* この更新がでる前は、4 GB を越えるファイルをコピーしようとして容量不足になった場合でも、cp コマンドが成功を示す終了コード 0 を誤って返していました。この更新により BusyBox が修正され、このような状況では終了コード 1 を返すようになっています。現在、 cp コマンドはプロセスが失敗したかどうかを正しく表示します。(BZ#689659)

* この更新が出る前、findfs コマンドは、「/dev/」に数千のブロックデバイスノードがあるシステムで、すべてのブロックデバイスをチェックしていませんでした。この更新により BusyBox が修正され、findfs はこのような状況でも全ブロックデバイスをチェックするようになっています。(BZ#756723)

busybox の全ユーザーは、これらの更新済みパッケージへアップグレードし、これらの問題を修正することが推奨されます。

ソリューション

影響を受ける busybox および/または busybox-anaconda のパッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2012:0308

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2006-1168

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2011-2716

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 58062

ファイル名: redhat-RHSA-2012-0308.nasl

バージョン: 1.20

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2012/2/21

更新日: 2021/1/14

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:busybox, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:busybox-anaconda, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:5

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2012/2/21

脆弱性公開日: 2006/8/14

参照情報

CVE: CVE-2006-1168, CVE-2011-2716

BID: 19455, 48879

RHSA: 2012:0308