RHEL 5:sudo(RHSA-2012:0309)

medium Nessus プラグイン ID 58063

概要

リモート Red Hat ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

1 つのセキュリティの問題とさまざまなバグを修正する更新済みの sudo パッケージが、Red Hat Enterprise Linux 5 で現在利用可能です。

Red Hat セキュリティレスポンスチームは、この更新によるセキュリティ上の影響は小さいと評価しています。詳細な重要度評価を示す Common Vulnerability Scoring System(CVSS)ベーススコアは「参照」セクションの CVE リンクで入手できます。

sudo(superuser do)ユーティリティでは、システム管理者は特定のユーザーに root としてコマンドを実行できる権限を与えることができます。

sudo のパスワードチェックロジックで欠陥が見つかりました。sudo ユーザー設定により、グループ ID を変更するだけで、ユーザーが sudo を使用してコマンドを実行できる構成では、昇格済みのグループ権限で指定されたコマンドを実行する前に、sudo がユーザーパスワードの入力を促さなくなります。(CVE-2011-0010)

さらに、この更新は次のバグを修正します:

* NULL ポインターデリファレンスのバグにより、sudo ユーティリティが、セグメンテーション違反のため、予期せず終了していました。これは、このユーティリティが「-g」オプション付きで実行され、sudo ユーティリティを実行するユーザーにパスワードを求めないように構成されている場合に発生しました。この更新により、コードは修正され、現在この問題は発生しなくなっています。(BZ#673072)

* sudo ツールのアップグレード後に、sudo ユーティリティが LDAP(Lightweight Directory Access Protocol)サーバーから sudo を実行しているユーザーを読み込めませんでした。
これは、LDAP サーバーで sudo を実行しているユーザーを検索する指示がアップグレードされた nsswitch.conf ファイルに含まれていなかったためです。この更新により欠落していた指示が /etc/nsswitch.conf に追加され、システムが sudo を実行しているユーザーをローカルファイルシステムで検索し、妥当な場合に LDAP で検索を実行するようになります。(BZ#617061)

* sudo ツールが、グループを指定する Runas エイリアスを間違ってユーザーエイリアスと解釈し、このエイリアスが無視されていました。この更新により、このようなエイリアスを解釈するコードが修正され、Runas グループエイリアスは期待通り処理されています。(BZ#627543)

* この更新が出る前は、sudo は ldap.conf ファイル内のコメント文字(#)を適切に解析せず、動作に失敗する可能性がありました。この更新により、 LDAP 構成ファイルの解析は修正され、コメント文字は正しく解析されるようになります。(BZ#750318)

* sudo ユーティリティは、出力をターミナルウインドウの幅に合わせてフォーマットしています。しかし、この動作は、出力がパイプラインを通してリダイレクトされる場合には望ましくありません。この更新により、出力フォーマットは説明されているシナリオでは適用されなくなっています。(BZ#697111)

* 以前、sudo ユーティリティは、権限のないユーザーに切り替えられた後に、Security-Enhanced Linux(SELinux)に関連する初期化を実行していました。これにより、指定されたコマンドを実行する前に SELinux 環境を正しく設定できず、アクセス拒否を引き起こす可能性がありました。新バージョンの sudo から SELinux 関連コードおよび実行モデルをバックポートすることにより、このバグは修正されています。
(BZ#477185)

* execv(3) 関数が失敗したとき、sudo ツールがこの失敗を報告する前に、監査呼び出しを実行していました。この呼び出しがエラー状態をリセットしていたため、このツールはコマンドが正常に実行されたと間違って報告していました。この更新により、コードは修正され、現在この問題は発生しなくなっています。(BZ#673157)

sudo の全ユーザーは、この更新済みパッケージへアップグレードし、これらの問題を解決することが推奨されます。

ソリューション

影響を受ける sudo および/または sudo-debuginfo パッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2012:0309

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2011-0010

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 58063

ファイル名: redhat-RHSA-2012-0309.nasl

バージョン: 1.17

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2012/2/21

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.4

ベクトル: AV:L/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:sudo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:sudo-debuginfo, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:5

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

パッチ公開日: 2012/2/21

脆弱性公開日: 2011/1/18

参照情報

CVE: CVE-2011-0010

RHSA: 2012:0309