Ubuntu 10.04 LTS / 10.10 / 11.04 / 11.10:ruby1.8 脆弱性(USN-1377-1)

high Nessus プラグイン ID 58146

概要

リモート Ubuntu ホストに 1 つ以上のセキュリティ関連パッチがありません。

説明

Drew Yao 氏は、WEBrick HTTP サーバーがエラーページの表示時にクロスサイトスクリプティングに脆弱であることを発見しました。リモートの攻撃者がこの欠陥を利用して、任意の Web スクリプトを実行する可能性があります。
(CVE-2010-0541)

Drew Yao 氏は、Ruby の BigDecimal モジュールが、64 ビットプラットフォームにおいて適切にメモリ割り当てを行っていないことを発見しました。攻撃者がこの欠陥を利用して、ユーザー権限でサービス拒否または任意のコードの実行を引き起こす可能性があります。(CVE-2011-0188)

Nicholas Jefferson 氏は、Ruby の FileUtils.remove_entry_secure メソッドが空でないディレクトリを適切に削除していないことを発見しました。攻撃者がこの欠陥を利用して、任意のファイルを削除する可能性があります。
(CVE-2011-1004)

汚染されていない文字列が保護安全レベルで変更されるのを、Ruby が誤って許可することが判明しました。攻撃者がこの欠陥を利用して、意図されたアクセス制限をバイパスする可能性があります。(CVE-2011-1005)

Eric Wong 氏は、Ruby が子プロセスの作成時に、疑似乱数発生器を適切に再シードしていないことを発見しました。攻撃者がこの欠陥を利用して、Ruby の他の子プロセスで使用される乱数に関する知識を取得する可能性があります。(CVE-2011-2686)

Eric Wong 氏は、Ruby の SecureRandom モジュールが疑似乱数発生器を適切にシードしていないことを発見しました。攻撃者がこの欠陥を利用して、同じプロセス ID 番号を持つ別の Ruby プロセスで使用される乱数に関する知識を取得する可能性があります。(CVE-2011-2705)

Alexander Klink 氏および Julian Wälde 氏は、Ruby が、予測通りにハッシュ衝突を発生させる能力を制限することなく、ハッシュ値を計算していることを発見しました。リモートの攻撃者が、ハッシュテーブルで使用される値を細工することにより、サービス拒否を引き起こす可能性があります。(CVE-2011-4815)。

ソリューション

影響を受ける libruby1.8 および/または ruby1.8 のパッケージを更新してください。

関連情報

https://usn.ubuntu.com/1377-1/

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 58146

ファイル名: ubuntu_USN-1377-1.nasl

バージョン: 1.10

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2012/2/28

更新日: 2019/9/19

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.8

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 5.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:libruby1.8, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:ruby1.8, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:10.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:10.10, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:11.04, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:11.10

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2012/2/27

脆弱性公開日: 2010/6/17

参照情報

CVE: CVE-2010-0541, CVE-2011-0188, CVE-2011-1004, CVE-2011-1005, CVE-2011-2686, CVE-2011-2705, CVE-2011-4815

BID: 40895, 46458, 46460, 46966, 49015, 51198

USN: 1377-1