Ubuntu 10.10 LTS:linux-mvl-dove 脆弱性(USN-1391-1)

medium Nessus プラグイン ID 58287

概要

リモートのUbuntuホストにセキュリティ関連のパッチがありません。

説明

XFS ファイルシステムで欠陥が見つかりました。ローカルのユーザーが特別に細工された XFS イメージをマウントすると、システムで任意のコードが実行される可能性があります。

ソリューション

影響を受けるlinux-image-2.6.32-423-doveパッケージを更新してください。

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 58287

ファイル名: ubuntu_USN-1391-1.nasl

バージョン: Revision: 1.4

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2012/3/8

更新日: 2014/1/27

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.9

Temporal Score: 4.3

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:C

現状ベクトル: E:ND/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:10.10

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2012/3/7

参照情報

CVE: CVE-2012-0038

BID: 51380

USN: 1391-1