USN-1394-1:Linux カーネル(OMAP4)の脆弱性

high Nessus プラグイン ID 58289
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート Ubuntu ホストに 1 つ以上のセキュリティ関連パッチがありません。

説明

Aristide Fattori と Roberto Paleari が、 Linux カーネルによる IPv4 icmp パケットの処理に、欠陥があることを報告しました。リモートユーザーがこれを悪用して、サービス拒否を引き起こす可能性があります。(CVE-2011-1927)

Vegard Nossum 氏は、カーネルの inotify_init() システムコールに漏洩を発見しました。権限のないローカルユーザーがこれを悪用して、サービス拒否を引き起こす可能性があります。(CVE-2010-4250)

カーネルによる CUSE(Character device in Userspace)の処理で、エラーが発見されました。ローカルの攻撃者がこの欠陥を悪用して、 /dev/cuse へのアクセスが非 root ユーザーを許可するように変更した場合、権限昇格を引き起こす可能性があります。(CVE-2010-4650)

カーネルの Integrity Measurement Architecture(IMA)で、欠陥が見つかりました。SELinux が無効となっていて、新しい IMA ルールが読み込まれた場合、攻撃者による変更が IMA によって検出されない可能性があります。(CVE-2011-0006)

Linux イーサネットブリッジによる IGMP(Internet Group Management Protocol)パケットの処理で欠陥が見つかりました。権限のないローカルのユーザーが、この欠陥を悪用することにより、システムをクラッシュする可能性があります。(CVE-2011-0716)

Dan Rosenberg 氏は、OSS(Open Sound System)MIDI インターフェイスにあるエラーを報告しました。非 x86 システム上のローカルの攻撃者が、サービス拒否を発生させることができます。(CVE-2011-1476)

Dan Rosenberg 氏は、ヤマハ FM シンセサイザーチップ用のカーネルの OSS (Open Sound System)ドライバーでエラーを発見しました。ローカルの攻撃者が、これを悪用してメモリ破損を発生させることができ、サービス拒否または権限昇格を引き起こすことが可能です。(CVE-2011-1477)

Dan Rosenberg 氏は、ARM カーネルの古い ABI 互換レイヤーに、エラーがあることを報告しました。ローカルの攻撃者は、この欠陥を悪用して、サービス拒否を引き起こしたり、root 権限を取得することがあります。(CVE-2011-1759)

Ben Hutchings 氏は、カーネルによる破損した LDM パーティションの処理における欠陥を報告しました。ローカルユーザーがこれを悪用して、サービス拒否や権限昇格を引き起こす可能性があります。(CVE-2011-2182)

Linux カーネルの AppArmor セキュリティインターフェイスに、無効な情報が書き込まれた場合の欠陥が見つかりました。権限のないローカルユーザーがこの欠陥を利用して、システムでサービス拒否を引き起こす可能性があります。
(CVE-2011-3619)

一部のインポートカーネルのスレッドが、ユーザーレベルプロセスによってブロックされる可能性があることが発見されました。権限のないローカルユーザーが、この欠陥を悪用して、サービス拒否を引き起こす可能性があります。(CVE-2011-4621)

XFS ファイルシステムで欠陥が見つかりました。ローカルのユーザーが特別に細工された XFS イメージをマウントすると、システムで任意のコードが実行される可能性があります。(CVE-2012-0038)

Chen Haogang 氏は、メモリ破損の原因になる整数オーバーフローを発見しました。権限のないローカルユーザーがこれを使用することで、システムをクラッシュさせる可能性があります。(CVE-2012-0044)

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.ubuntu.com/usn/usn-1394-1/

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 58289

ファイル名: ubuntu_USN-1394-1.nasl

バージョン: Revision: 1.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2012/3/8

更新日: 2016/12/1

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:canonical:ubuntu_linux

必要な KB アイテム: Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release, Host/Debian/dpkg-l

パッチ公開日: 2012/3/7

参照情報

CVE: CVE-2010-4250, CVE-2010-4650, CVE-2011-0006, CVE-2011-0716, CVE-2011-1476, CVE-2011-1477, CVE-2011-1759, CVE-2011-1927, CVE-2011-2182, CVE-2011-3619, CVE-2011-4621, CVE-2012-0038, CVE-2012-0044

USN: 1394-1