7-Technologies AQUIS の未指定のパスによる任意の DLL インジェクションコードの実行の破壊。

high Nessus プラグイン ID 58449
New! Vulnerability Priority Rating (VPR)

Tenable では、すべての脆弱性に対して動的な VPR が計算されます。VPR は脆弱性の情報を、脅威インテリジェンスや機械学習アルゴリズムと組み合わせて、攻撃時に最も悪用される可能性の高い脆弱性を予測します。詳細は、 「VPR とは何で、CVSS とはどう違うのか」を参照してください。

VPR スコア : 5.9

概要

リモート Windows ホスト上にインストールされているプログラムは、安全でない DLL ローディング脆弱性の影響を受けます。

説明

リモート Windows ホストにインストールした 7-Technologies AQUIS のバージョンは、2011年10月13日またはそれ以前の 1.5 バージョンです。このように、これは、DLL 依存性を解決するときに、その現在の作業ディレクトリをセキュアでない方法で調べます。

攻撃者が、特別に細工された DLL ファイルおよび攻撃者の制御下にある場所のアプリケーションに関連する別のファイルを配置することにより、この問題を悪用する可能性があります。関連するファイルが起動されると、攻撃者の任意のコードが実行される可能性があります。

この問題は、以下のレジストリキーを設定することで、新バージョンの AQUIS で修正されています。

- SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Image File Execution Options\aquis.exe\CWDIllegalInDllSearch

ソリューション

AQUIS を 2011 年 10 月 13 日以降にリリースされたバージョン 1.5 に更新してください。

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 58449

ファイル名: scada_aquis_1_5.nbin

バージョン: 1.144

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: SCADA

公開日: 2012/3/23

更新日: 2021/4/20

依存関係: scada_app_7t_aquis_detect.nbin

リスク情報

リスクファクター: High

VPR スコア: 5.9

CVSS スコアのソース: CVE-2012-0224

CVSS v2.0

Base Score: 9.3

Temporal Score: 7.7

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:F/RL:OF/RC:C

脆弱性の情報

CPE: cpe:/a:7t:aquis

必要な KB アイテム: SCADA/Apps/7T/AQUIS/Installed

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2011/12/14

脆弱性公開日: 2012/2/17

参照情報

CVE: CVE-2012-0224

BID: 52070

ICSA: 12-025-01