MS12-031:Microsoft Visio Viewer 2010 のリモートコード実行可能な脆弱性(2597981)

high Nessus プラグイン ID 59039
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

Microsoft Visio Viewer を通して、リモートホストで任意のコードを実行できます。

説明

リモートの Windows ホストにインストールされている Microsoft Visio Viewer のバージョンは、特別に細工された Visio ファイルの解析時にアプリケーションがメモリを処理する方法によるメモリ破損の脆弱性による影響を受けることが報告します。

影響を受けるホスト上のユーザーを騙して特別に細工された Visio ファイルを開かせることで、攻撃者がこの問題を利用して、現在のユーザーのコンテキストで任意のコードを実行する可能性があります。

ソリューション

Microsoft は、Visio Viewer 2010 用パッチセットをリリースしています。

関連情報

https://docs.microsoft.com/en-us/security-updates/SecurityBulletins/2012/ms12-031

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 59039

ファイル名: smb_nt_ms12-031.nasl

バージョン: 1.15

タイプ: local

エージェント: windows

公開日: 2012/5/9

更新日: 2018/11/15

依存関係: smb_hotfixes.nasl, ms_bulletin_checks_possible.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 8.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 8.1

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:microsoft:visio_viewer

必要な KB アイテム: SMB/MS_Bulletin_Checks/Possible

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2012/5/8

脆弱性公開日: 2012/5/8

参照情報

CVE: CVE-2012-0018

BID: 53328

MSFT: MS12-031

MSKB: 2597981