SuSE 10 セキュリティ更新:Linux カーネル(x86_64)(ZYPP パッチ番号 6929)

high Nessus プラグイン ID 59146

概要

リモート SuSE 10 ホストにセキュリティ関連のパッチがありません。

説明

この更新では、SUSE Linux Enterprise 10 SP 3 カーネルの多数のバグおよび複数のセキュリティ問題が修正されます。

Linux カーネルの HFS サブシステムでのスタックベースのバッファオーバーフローにより、リモートの攻撃者が、細工された fs/hfs/dir.c の hfs_readdir() 関数に関連する、階層ファイルシステム(HFS)ファイルシステムを介して、詳細不明の影響を及ぼす恐れがあります。CVE-2010-0410:Linux カーネルのコネクタ netlink ドライバー(drivers/connector/connector.c)により、ローカルの攻撃者がカーネルに多数の NETLINK_CONNECTOR メッセージを送信することで、サービス拒否(メモリ消費またはシステムクラッシュ)を引き起こす恐れがあります。
CVE-2009-3556:Linux カーネルの qla2xxx ドライバーの構成値は、N_Port ID 仮想化(NPIV)ハードウェアを使用するとき、sys/class/scsi_host/ の下の vport_create および vport_delete ファイルに誰でも書き込める権限を設定するため、ローカルユーザーがこれらのファイルを変更することで、SCSI ホスト属性に任意の変更を行う恐れがあります。(CVE-2009-4020)

ソリューション

ZYPP パッチ番号 6929 を適用してください。

関連情報

http://support.novell.com/security/cve/CVE-2009-3556.html

http://support.novell.com/security/cve/CVE-2009-4020.html

http://support.novell.com/security/cve/CVE-2010-0410.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 59146

ファイル名: suse_kernel-6929.nasl

バージョン: 1.10

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2012/5/17

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:suse:suse_linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list

パッチ公開日: 2010/3/16

参照情報

CVE: CVE-2009-3556, CVE-2009-4020, CVE-2010-0410

CWE: 119, 264, 399