Mozilla Thunderbird < 13.0 の複数の脆弱性

high Nessus プラグイン ID 59409
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートWindowsホストにあるメールクライアントが、いくつかの脆弱性の影響を受ける可能性があります。

説明

インストールされているThunderbirdのバージョンが13.0より前であるため、次のセキュリティの問題による影響を受ける可能性があります:

- 長さがゼロの項目を処理する際に、ASN.1デコーダーにエラーが存在するため、アプリケーションのクラッシュを引き起こす可能性があります。
(CVE-2012-0441)

複数のメモリの破損に関するエラーが存在します。(CVE-2012-1937、CVE-2012-1938)

2つのヒープベースのバッファオーバーフローと1つのヒープベースのuse-after-freeエラーがあり、悪用される可能性があります。
(CVE-2012-1940、CVE-2012-1941、CVE-2012-1947)

- アプリケーションの更新と更新サービス機能に関連して、2つの任意のDLL読み込みの問題があります。
(CVE-2012-1942、CVE-2012-1943)

- 「Content Security Policy」(CSP)のインラインスクリプトブロッキング機能が、インラインイベントハンドラーを適切にブロックしません。このエラーにより、リモートの攻撃者は、クロスサイトスクリプティング攻撃をより簡単に仕掛ける恐れがあります。
(CVE-2012-1944)

- Webドキュメントにノードを挿入したり置き換えたりすることに関連する、use-after-freeエラーが存在します。(CVE-2012-1946)

- 証明書警告ページに関連するエラーがあり、これにより、「クリックジャッキング」でユーザーを騙して、意図しない証明書を受け入れさせることが可能です。(CVE-2012-1964)

ソリューション

Thunderbird 13.0または以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2012-34/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2012-35/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2012-36/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2012-38/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2012-39/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2012-40/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2012-54/

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 59409

ファイル名: mozilla_thunderbird_130.nasl

バージョン: 1.16

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2012/6/7

更新日: 2018/7/16

依存関係: mozilla_org_installed.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 6.9

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:mozilla:thunderbird

必要な KB アイテム: Mozilla/Thunderbird/Version

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2012/6/5

脆弱性公開日: 2012/6/5

参照情報

CVE: CVE-2012-0441, CVE-2012-1937, CVE-2012-1938, CVE-2012-1940, CVE-2012-1941, CVE-2012-1942, CVE-2012-1943, CVE-2012-1944, CVE-2012-1946, CVE-2012-1947, CVE-2012-1964

BID: 53791, 53792, 53793, 53794, 53796, 53798, 53800, 53801, 53803, 53807, 54581

CWE: 20, 74, 79, 442, 629, 711, 712, 722, 725, 750, 751, 800, 801, 809, 811, 864, 900, 928, 931, 990