Measuresoft ScadaPro < 4.0.1.0 の service.exe における複数の脆弱性(credentialed check)

critical Nessus プラグイン ID 59558

概要

リモート Windows ホストに、複数の脆弱性を持つアプリケーションがインストールされています。

説明

リモートの Windows ホストに、バージョン 4.0.1.0 より前の Measuresoft ScadaPro があります。したがって、service.exe に複数の脆弱性があり、これがリモートで悪用される可能性があることが報告されています。これには複数のスタックベースのバッファオーバーフロー、ならびに認証なしにリモートで実行できるいくつかの不適切に実装されているコマンドも含まれています。これにより、ファイルへのフルアクセスが可能になり、任意のコマンドが実行される可能性があります。

ソリューション

ScadaPro 4.0.1.0 または以降のバージョンにアップグレードしてください。

参考資料

http://aluigi.altervista.org/adv/scadapro_1-adv.txt

http://www.nessus.org/u?ef22814d

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 59558

ファイル名: scada_measuresoft_scadapro_multiple_server_local.nbin

バージョン: 1.235

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: SCADA

公開日: 2012/6/18

更新日: 2024/5/20

サポートされているセンサー: Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: Critical

基本値: 10

現状値: 8.3

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

CVSS スコアのソース: CVE-2011-3490

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:measuresoft:scadapro

必要な KB アイテム: SMB/Registry/Enumerated, SCADA/Apps/Measuresoft/ScadaPro/Installed

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2011/9/15

脆弱性公開日: 2011/9/13

エクスプロイト可能

CANVAS (White_Phosphorus)

Core Impact

Metasploit (Measuresoft ScadaPro Remote Command Execution)

参照情報

CVE: CVE-2011-3490, CVE-2011-3495, CVE-2011-3497

BID: 49613