悪意のあるプロセスの検出:望ましくない可能性のあるソフトウェア

info Nessus プラグイン ID 59641
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

Nessus が、リモートホストで潜在的に好ましくないプロセスを検出しました。

説明

リモート Windows ホストで実行中の 1 つ以上のプロセスの md5sum が、一部の企業ポリシーに違反することで知られているソフトウェアと一致します。リモートプロセスがお使いの環境で承認されていることを検証してください。

ソリューション

セキュリティポリシーに適合しない場合は、リモートソフトウェアをアンインストールしてください。

プラグインの詳細

深刻度: Info

ID: 59641

ファイル名: wmi_unwanted_software.nbin

バージョン: 1.147

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2012/6/21

更新日: 2021/11/12

依存関係: wmi_malware_scan.nbin

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:microsoft:windows

必要な KB アイテム: malscan/enabled