MS12-040: Microsoft Dynamics AX Enterprise Portal の権限昇格可能な脆弱性(MSSQL check)

medium Nessus プラグイン ID 59643

概要

リモートホストの Web アプリケーションに、クロスサイトスクリプティング脆弱性があります。

説明

リモートホスト上の Microsoft Dynamics AX エンタープライズポータルのバージョンには、特定されないクロスサイトスクリプティングの脆弱性があります。攻撃者が、これを悪用して、ユーザーを騙して悪意あるリクエストを作らせ、任意のスクリプトコード実行を引き起こす可能性があります。

このプラグインは、システムに KB2706738 または KB2710639 が欠如しているかどうかをチェックします。
Nessus は、Dynamics AX および SQL サーバーが同じシステム上にあり、SQL Server が TCP/IP から利用でき、SQL Server が Windows 認証を使用するように構成されている場合には、欠如している KB のチェックのみを行います。

ソリューション

Microsoft は、Dynamics AX 2012 エンタープライズポータル用のパッチのセットをリリースしています。

参考資料

https://docs.microsoft.com/en-us/security-updates/SecurityBulletins/2012/ms12-040

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 59643

ファイル名: ms12-040_mssql.nbin

バージョン: 1.299

タイプ: local

エージェント: windows

公開日: 2012/6/21

更新日: 2024/5/20

サポートされているセンサー: Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.0

CVSS v2

リスクファクター: Medium

基本値: 4.3

現状値: 3.6

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:P/A:N

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:microsoft:windows, cpe:/a:microsoft:dynamics_ax:2012

必要な KB アイテム: SMB/MS_Bulletin_Checks/Possible

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2012/6/12

脆弱性公開日: 2012/6/12

参照情報

CVE: CVE-2012-1857

BID: 53863

IAVB: 2012-B-0059

MSFT: MS12-040

MSKB: 2711239