Ubuntu 10.04 LTS / 11.10 / 12.04 LTS:thunderbird の脆弱性(USN-1463-4)

critical Nessus プラグイン ID 59654
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート Ubuntu ホストにセキュリティ関連パッチがありません。

説明

USN-1463-1 は、Firefox の脆弱性を修正しました。この更新により、 Thunderbird に対応する修正が提供されます。

Jesse Ruderman 氏、Igor Bukanov 氏、Bill McCloskey 氏、Christian Holler 氏、 Andrew McCreight 氏、Olli Pettay 氏、Boris Zbarsky 氏、および Brian Bondy 氏は、 Firefox に影響を与えているメモリの安全性の問題を発見しました。ユーザーが騙されて特別に細工されたページを開くと、攻撃者は、これらを悪用して、アプリケーションクラッシュを介しサービス拒否を発生させたり、 Firefox を呼び出すユーザーの権限でコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2012-1937、CVE-2012-1938)

Mozilla の WebGL 実装に特定の NVIDIA グラフィックスドライバーのバグがあることが判明しました。この問題の影響は現時点では公表されていません。
(CVE-2011-3101)

Content Security Policy(CSP)のインラインスクリプトブロック機能により、特定のインラインイベントハンドラーが適切にブロックされないことを、Adam Barth 氏が発見しました。クロスサイトスクリプティング(XSS)に対する保護を行うための CSP のこの機能に依存する Web アプリケーションが、完全には保護されていませんでした。
クロスサイトスクリプティングの脆弱性で、ユーザーが騙されて、特別に細工されたページを表示すると、リモートの攻撃者がこれを悪用してコンテンツを改竄したり、同一ドメイン内で機密データを盗み出したりするおそれがあります。(CVE-2012-1944)

Paul Stone 氏は、Windows または Samba のシェアでホストされている表示済み HTML ページにより、同じシェアの中の Windows ショートカットファイル(.lnk)が読み込まれる可能性があることを、発見しました。このようなショートカットファイルは、その後、個別に HTML ページを読み込むローカルファイルシステムの任意の場所にリンクされる可能性があります。攻撃者が、この脆弱性を利用して、iframe のこれらのリンクされたファイルまたはディレクトリの内容を表示し、結果として情報漏洩を引き起こす可能性があります。(CVE-2012-1945)

Arthur Gerkis 氏は、ドキュメントのノードを置き換え/挿入するときに use-after-free の脆弱性があることを、発見しました。ユーザーが騙されて特別に細工されたページを開くと、攻撃者は、これを悪用して、アプリケーションクラッシュを介しサービス拒否を発生させたり、 Firefox を呼び出すユーザーの権限でコードを実行したりする可能性があります。
(CVE-2012-1946)

Kaspar Brand 氏は、Network Security Services(NSS)ASN.1 デコーダーがゼロレングスを処理する方法に脆弱性がを発見しました。ユーザーが騙されて、特別に細工されたページを開いた場合、攻撃者がこれを悪用して、アプリケーションのクラッシュによりサービス拒否を引き起こす可能性があります。
(CVE-2012-0441)

Abhishek Arya 氏は、2 つのバッファオーバーフローと 1 つの use-after-free の脆弱性を発見しました。ユーザーが騙されて特別に細工されたページを開くと、攻撃者は、これらを悪用して、アプリケーションクラッシュを介しサービス拒否を発生させたり、 Firefox を呼び出すユーザーの権限でコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2012-1940、CVE-2012-1941、 CVE-2012-1947)。

ソリューション

影響を受ける thunderbird パッケージを更新してください。

関連情報

https://usn.ubuntu.com/1463-4/

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 59654

ファイル名: ubuntu_USN-1463-4.nasl

バージョン: 1.11

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2012/6/22

更新日: 2019/9/19

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.4

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:10.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:11.10, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:12.04:-:lts

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2012/6/21

脆弱性公開日: 2012/5/15

参照情報

CVE: CVE-2011-3101, CVE-2012-0441, CVE-2012-1937, CVE-2012-1938, CVE-2012-1940, CVE-2012-1941, CVE-2012-1944, CVE-2012-1945, CVE-2012-1946, CVE-2012-1947

BID: 53540, 53791, 53792, 53793, 53794, 53796, 53798, 53799, 53800, 53801

USN: 1463-4