GLSA-201206-15:libpng:複数の脆弱性

high Nessus プラグイン ID 59668
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートの Gentoo ホストでは、セキュリティに関連するパッチが少なくとも 1 つ不足しています。

説明

リモートホストは、GLSA-201206-15 で説明されている脆弱性の影響を受けます(libpng:複数の脆弱性)

libpng に、複数の脆弱性が発見されました:
pngwutil.c の「embedded_profile_len()」関数が負の値をチェックしません。これにより、メモリ漏洩が発生します(CVE-2009-5063)。
pngerror.c の「png_format_buffer()」関数には、off-by-one エラーが含まれています(CVE-2011-2501)。
pngrtran.c の「png_rgb_to_gray()」関数には、整数オーバーフローのエラーが含まれています(CVE-2011-2690)。
pngerror.c の「png_err()」関数には、NULL ポインターデリファレンスのエラーが含まれています(CVE-2011-2691)。
pngrutil.c の「png_handle_sCAL()」関数は、無効な形式の sCAL チャンクを不適切に処理しています(CVE-2011-2692)。
pngrutil.c の「png_decompress_chunk()」関数には、整数オーバーフローのエラーが含まれています(CVE-2011-3026)。
pngrutil.c の「png_inflate()」関数には、領域外エラーが含まれています(CVE-2011-3045)。
pngset.c の「png_set_text_2()」関数には、メモリ破損につながる可能性のあるエラーが含まれています(CVE-2011-3048)。
pngerror.c の「png_formatted_warning()」関数には、off-by-one エラーが含まれています(CVE-2011-3464)。
影響:

攻撃者がこれらの脆弱性を悪用して、脆弱性のあるプログラムを実行しているユーザーの権限(root ユーザーの場合もあり)で任意のコードを実行したり、ライブラリに対してリンクされているプログラムをクラッシュさせたりする可能性があります。
回避策:

現時点で、既知の回避策はありません。

ソリューション

libpng 1.5 の全ユーザーは、最新バージョンへアップグレードする必要があります:
# emerge --sync # emerge --ask --oneshot --verbose '>=media-libs/libpng-1.5.10' libpng 1.2 の全ユーザーは、最新バージョンへアップグレードする必要があります:
# emerge --sync # emerge --ask --oneshot --verbose '>=media-libs/libpng-1.2.49' このライブラリに依存するパッケージの再コンパイルが必要になる可能性があります。revdep-rebuild などのツールは、これらのパッケージの一部を特定するのに役立つ場合があります。

関連情報

https://security.gentoo.org/glsa/201206-15

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 59668

ファイル名: gentoo_GLSA-201206-15.nasl

バージョン: 1.16

タイプ: local

公開日: 2012/6/25

更新日: 2021/1/6

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:gentoo:linux:libpng, cpe:/o:gentoo:linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Gentoo/release, Host/Gentoo/qpkg-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2012/6/22

脆弱性公開日: 2011/7/17

参照情報

CVE: CVE-2009-5063, CVE-2011-2501, CVE-2011-2690, CVE-2011-2691, CVE-2011-2692, CVE-2011-3026, CVE-2011-3045, CVE-2011-3048, CVE-2011-3464

BID: 48474, 48618, 48660, 51823, 52049, 52453, 52830

GLSA: 201206-15