GLSA-201206-25:Apache HTTP Server:複数の脆弱性

high Nessus プラグイン ID 59678

概要

リモートの Gentoo ホストでは、セキュリティに関連するパッチが少なくとも 1 つ不足しています。

説明

リモートホストは、GLSA-201206-25 で説明されている脆弱性による影響を受けます(Apache HTTP Server:複数の脆弱性)

Apache HTTP Server で複数の脆弱性が発見されています。
詳細については、以下で参照されている CVE 識別子をレビューしてください。
影響:

リモートの攻撃者が、多様な方法で機密情報を取得したり、権限を得たり、プロキシー背後の意図されないサーバーにリクエストを送信したり、特定のセキュリティ制限をバイパスしたり、HTTPOnly クッキーの値を取得したり、サービス拒否を引き起こしたりする可能性があります。
ローカルの攻撃者が昇格された権限を取得する可能性があります。
回避策:

現時点で、既知の回避策はありません。

ソリューション

Apache HTTP Server の全ユーザーは、最新バージョンへアップグレードする必要があります:
# emerge --sync # emerge --ask --oneshot --verbose '>=www-servers/apache-2.2.22-r1'

参考資料

https://security.gentoo.org/glsa/201206-25

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 59678

ファイル名: gentoo_GLSA-201206-25.nasl

バージョン: 1.24

タイプ: local

公開日: 2012/6/25

更新日: 2021/1/6

サポートされているセンサー: Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 6.8

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:gentoo:linux:apache, cpe:/o:gentoo:linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Gentoo/release, Host/Gentoo/qpkg-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2012/6/24

エクスプロイト可能

Core Impact

参照情報

CVE: CVE-2010-0408, CVE-2010-0434, CVE-2010-1452, CVE-2010-2791, CVE-2011-3192, CVE-2011-3348, CVE-2011-3368, CVE-2011-3607, CVE-2011-4317, CVE-2012-0021, CVE-2012-0031, CVE-2012-0053, CVE-2012-0883

BID: 38491, 38494, 38580, 41963, 42102, 49303, 49616, 49957, 50494, 50802, 51407, 51705, 51706, 53046

CWE: 200

GLSA: 201206-25