0.99.19 より前の Quagga の複数の脆弱性

high Nessus プラグイン ID 59790
New! Vulnerability Priority Rating (VPR)

Tenable では、すべての脆弱性に対して動的な VPR が計算されます。VPR は脆弱性の情報を、脅威インテリジェンスや機械学習アルゴリズムと組み合わせて、攻撃時に最も悪用される可能性の高い脆弱性を予測します。詳細は、 「VPR とは何で、CVSS とはどう違うのか」を参照してください。

VPR スコア : 5.9

概要

リモートサービスは、複数の脆弱性の影響を受ける可能性があります。

説明

自己報告されたバージョン番号によると、リモートホストでリスンする Quagga のインストールが複数の脆弱性による影響を受けています。

- OSPF6D におけるサービス拒否の脆弱性が、無効な IPv6 プレフィックスの長さを持つ、特別に細工された Link Status Update メッセージによって発生する可能性があります。
(CVE-2011-3323)

- Link State Advertisement ヘッダーリストにおける末尾のゼロ値を含む特別に細工された IPv6 Database Description メッセージによって、OSPF6D でサービス拒否の脆弱性が発生する可能性があります。(CVE-2011-3324)

- IPv4 パケットヘッダーまたは切り捨てられた IPv4 Hello パケットにおける 0x0A タイプフィールドによって、OSPFD におけるサービス拒否の脆弱性が発生する可能性があります。(CVE-2011-3325)

- 無効な Link State Advertisement タイプを含む、特別に細工された IPv4 Link Status Update メッセージによって、OSPFD でサービス拒否の脆弱性が発生する可能性があります。
(CVE-2011-3326)

- IPv4 上の特別に細工された UPDATE メッセージによって、BGPD におけるヒープベースのバッファオーバーフローが発生する可能性があります。
(CVE-2011-3326)

ソリューション

バージョン 0.99.19 または以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://savannah.nongnu.org/forum/forum.php?forum_id=7143

http://web.archive.org/web/20111122030035/http://www.quagga.net/download/quagga-0.99.19.changelog.txt

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 59790

ファイル名: quagga_0_99_19.nasl

バージョン: 1.9

タイプ: remote

ファミリー: Misc.

公開日: 2012/6/29

更新日: 2019/12/4

依存関係: quagga_zebra_detect.nasl

構成: パラノイドモードが有効

リスク情報

リスクファクター: High

VPR スコア: 5.9

CVSS スコアのソース: CVE-2011-3327

CVSS v2.0

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性の情報

CPE: cpe:/a:quagga:quagga

必要な KB アイテム: Quagga/Installed, Settings/ParanoidReport

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2011/9/26

脆弱性公開日: 2011/9/26

参照情報

CVE: CVE-2011-3323, CVE-2011-3324, CVE-2011-3325, CVE-2011-3326, CVE-2011-3327

BID: 49784

CERT: 668534