FreeBSD:dns/bind9* -- DNSSEC 検証の重負荷により「Bad Cache(不良キャッシュ)」アサーションエラーの発生が可能(0bc67930-d5c3-11e1-bef6-0024e81297ae)

high Nessus プラグイン ID 60114

概要

リモート FreeBSD ホストに 1 つ以上のセキュリティ関連の更新が見つかりません。

説明

ISC による報告:

DNSSEC 検証を有効にして多数のクエリを行うことにより、named でアサーションエラーが引き起こされる可能性があります。これは、初期化される前に、「不良キャッシュ」データ構造を使用することにより引き起こされています。

BIND 9 は、正しく設定されていないネームサーバーまたは壊れた信頼チェーンが原因で機能しないことが知られているクエリ名のキャッシュを保存します。クエリの負荷が高いとき、DNSSEC 検証がアクティブな場合、失敗しているクエリのこのキャッシュからのデータが、完全に初期化される前に使用され、アサーションエラーが発生する可能性があります。

サーバーが DNSSEC 検証を実行していない場合、このバグは発生しません。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://kb.isc.org/docs/aa-00729

http://www.nessus.org/u?1daad570

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 60114

ファイル名: freebsd_pkg_0bc67930d5c311e1bef60024e81297ae.nasl

バージョン: 1.10

タイプ: local

公開日: 2012/7/25

更新日: 2021/1/6

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:freebsd:freebsd:bind96, p-cpe:/a:freebsd:freebsd:bind97, p-cpe:/a:freebsd:freebsd:bind98, p-cpe:/a:freebsd:freebsd:bind99, cpe:/o:freebsd:freebsd

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/FreeBSD/release, Host/FreeBSD/pkg_info

パッチ公開日: 2012/7/24

脆弱性公開日: 2012/7/24

参照情報

CVE: CVE-2012-3817