Scientific Linux セキュリティ更新:SL4.x i386/x86_64 のカーネル

medium Nessus プラグイン ID 60280
New! Vulnerability Priority Rating (VPR)

Tenable では、すべての脆弱性に対して動的な VPR が計算されます。VPR は脆弱性の情報を、脅威インテリジェンスや機械学習アルゴリズムと組み合わせて、攻撃時に最も悪用される可能性の高い脆弱性を予測します。詳細は、 「VPR とは何で、CVSS とはどう違うのか」を参照してください。

VPR スコア : 7.4

概要

リモート Scientific Linux ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

- プロセス death 信号の処理に欠陥が見つかりました。これにより、ローカルユーザーが、自分が実行した suid プロセスに任意のシグナルを送信することができます。この欠陥を悪用できるかどうかは、suid プログラムの構造とそのシグナル処理に左右されます。
(CVE-2007-3848、重要度高)

- CIFS ファイルシステムに欠陥が見つかりました。これにより、UNIX 拡張がサポートされている CIFS ファイルシステムに対してプロセスのアンマスク値が使用できないことを引き起こす可能性があります。
(CVE-2007-3740、重要度高)

- 64 ビットシステムにおける VFAT compat ioctl 処理に欠陥が見つかりました。これにより、ローカルユーザーが kernel_dirent 構造体を破損し、サービス拒否を引き起こす可能性があります。
(CVE-2007-2878、重要度高)

- Advanced Linux Sound Architecture(ALSA)に欠陥が見つかりました。/proc/driver/snd-page-alloc ファイルを読むことができるローカルユーザーが、カーネルメモリの一部を見る可能性がありました。(CVE-2007-4571、重要度中)

- aacraid SCSI ドライバーに欠陥が見つかりました。これにより、ローカルユーザーが、特権ユーザーに制限されているドライバーへの ioctl 呼び出しを実行することができます。
(CVE-2007-4308、重要度中)

- PowerPC システムで hugetlb カーネルを使用するときのスタックの拡張に、欠陥が見つかりました。これにより、ローカルユーザーがサービス拒否を発生させる可能性があります。(CVE-2007-3739、重要度中)

- ゾンビプロセスの処理に欠陥が見つかりました。ローカルユーザーが適切に終了できないプロセスを作成することで、サービス拒否を引き起こす可能性があります。
(CVE-2006-6921、重要度中)

- CIFS ファイルシステム処理に欠陥が見つかりました。マウントオプション「sec=」が整合性チェックを有効にせず、使用時にエラーメッセージも生成していませんでした。(CVE-2007-3843、重要度低)

- 乱数発生器の実装に欠陥が見つかりました。この欠陥により、ローカルユーザーはサービス拒否を引き起こしたり、場合によって権限を取得したりする可能性があります。root ユーザーが出力プールのサイズを超えるデフォルトのウェイクアップしきい値を設定した場合、この欠陥が悪用される可能性があります。
(CVE-2007-3105、重要度低)

以下のバグも修正されました:

- デッドロック状態を生み出す可能性のある、カーネル netpoll コードに欠陥が見つかりました。一定のネットワークインターフェイスの xmit_lock が保持され、後続の netpoll イベントがコンテキストを所有するロック内で生成された場合(コンソールメッセージなど)、netpoll コードが xmit_lock を再取得しようとするため、CPU のデッドロックが発生します。この修正は、netpoll コード内でロックを採用しようとするだけのものであり、すでに取得されている場合は(ブロックするのではなく)失敗し、後ほど送信するためにメッセージをキューイングします。カーネルの netpoll コード(netdump または netconsole のサービス)のユーザーは、この問題にさらされるため、このカーネルリリースへ即座にアップグレードして、この問題を解決する必要があります。

- 64 ビットモード(x86_64)において欠陥が見つかっており、AMD プロセッサが 40 ビットを超える物理アドレス空間を処理できません。また、Intel プロセッサが最大 36 ビットの物理アドレス空間の処理のみが可能でした。この修正は、AMD プロセッサの物理アドレスを 48 ビットに増やし、Intel プロセッサの物理アドレスを 38 ビットに増やします。

- xenU カーネルに欠陥が見つかりました。これにより、Scientific Linux 5.1 ハイパーバイザーで実行している際、2 つ以上の CPU を持つ準仮想ゲストが起動できなくなる可能性があります。この修正では、Scientific Linux 4 Xen SMP ゲストが 5.1 ハイパーバイザー下で起動できるようになります。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?3da3f94a

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 60280

ファイル名: sl_20071101_kernel_on_SL4_x.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2012/8/1

更新日: 2021/1/14

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

リスクファクター: Medium

VPR スコア: 7.4

CVSS v2.0

Base Score: 4.9

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:C

脆弱性の情報

CPE: x-cpe:/o:fermilab:scientific_linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

パッチ公開日: 2007/11/1

脆弱性公開日: 2007/1/12

参照情報

CVE: CVE-2006-6921, CVE-2007-2878, CVE-2007-3105, CVE-2007-3739, CVE-2007-3740, CVE-2007-3843, CVE-2007-3848, CVE-2007-4308, CVE-2007-4571

CWE: 119, 264, 399