Scientific Linux セキュリティ更新:SL5.x、SL4.x、SL3.x i386/x86_64 の samba

high Nessus プラグイン ID 60328

概要

リモート Scientific Linux ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

Samba がリモートユーザーを認証する方法にスタックベースのバッファオーバーフローの欠陥が見つかりました。リモートの認証されていないユーザーがこの欠陥を発生させ、Samba サーバーをクラッシュさせたり、 Samba サーバーの権限で任意のコードを実行したりする可能性があります。
(CVE-2007-6015)

この更新は、CVE-2007-4572 の修正により発生していた回帰も修正します。これにより、一部のクライアントがシェアに適切にアクセスできなくなっていました。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

参考資料

http://www.nessus.org/u?82677a9f

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 60328

ファイル名: sl_20071210_samba_on_SL5_x.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2012/8/1

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

基本値: 9.3

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

脆弱性情報

CPE: x-cpe:/o:fermilab:scientific_linux

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/local_checks_enabled

パッチ公開日: 2007/12/10

参照情報

CVE: CVE-2007-4572, CVE-2007-6015

CWE: 119