Scientific Linux セキュリティ更新:SL5.x i386/x86_64 のカーネル

high Nessus プラグイン ID 60430

概要

リモート Scientific Linux ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

これらの更新済みパッケージは、次のセキュリティ問題を解決します。

- Linux カーネルのメモリコピールーチンに、特定の AMD64 システムで実行したときのセキュリティの欠陥が見つかりました。ソースから宛先メモリロケーションへのカーネルメモリのコピーの試行が失敗した場合、コピールーチンが宛先メモリロケーションのコンテンツをゼロにしませんでした。これにより、ローカルの権限のないユーザーが機密データを表示することが可能です。
(CVE-2008-2729、重要度高)

- Tavis Ormandy 氏は、Linux カーネル 32 ビットおよび 64 ビットエミュレーションに欠陥を発見しました。これにより、ローカルの権限のないユーザーが、この欠陥を利用して、特別に細工されたバイナリを用意し、実行することが可能です。この結果、初期化されていない潜在的な機密データを漏洩される可能性があります。
(CVE-2008-0598、重要度高)

- Brandon Edwards 氏は、Linux カーネルの DCCP モジュール調整機能で、長さの検証チェックが行われていないことを発見しました。これにより、ローカルの権限のないユーザーがヒープオーバーフローを引き起させ、任意のコードを実行するための権限を取得できます。(CVE-2008-2358、重要度中)

これらの更新済みパッケージでは、次のバグも修正しています。

- 回帰により、「gettimeofday」は、特定の x86 ハードウェアで後退していた場合があります。この問題は、トランザクションシステムやデータベースに使用される時間依存のシステムには非常に危険です。また、アプリケーションに誤った結果を生成させることや、クラッシュさせることさえあります。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?fcc86492

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 60430

ファイル名: sl_20080625_kernel_on_SL5_x.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2012/8/1

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

脆弱性情報

CPE: x-cpe:/o:fermilab:scientific_linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

パッチ公開日: 2008/6/25

参照情報

CVE: CVE-2008-0598, CVE-2008-2358, CVE-2008-2729

CWE: 189, 200