Scientific Linux セキュリティ更新:i386/x86_64 の SL 3.0.x のための python

critical Nessus プラグイン ID 60624

概要

リモート Scientific Linux ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

assert() システムコールが無効な場合、バッファオーバーフローを引き起こす Python 文字列オブジェクトの実装において、入力サニタイズの欠陥が検出されました。負のサイズ値のチェック漏れにより、 Python メモリアロケーターで予想よりも少ないメモリが割り当てられる可能性があります。これは、 Python インタープリターの権限を用いた任意のコードの実行につながる可能性があります。(CVE-2008-1887)

Python Unicode 文字列処理、および Python Unicode と文字列オブジェクトの実装において、複数のバッファおよび整数オーバーフローの欠陥が検出されました。攻撃者がこれらの欠陥を利用して、サービス拒否(Python アプリケーションクラッシュ)を引き起こす可能性があります。(CVE-2008-3142、CVE-2008-5031)

Python imageop モジュールにおいて、複数の整数オーバーフローの欠陥が見つかりました。Python アプリケーションが imageop モジュールを使用して信頼されないイメージを処理した場合、これにより、アプリケーションがクラッシュしたり、 Python インタープリターの権限で任意のコードが実行されたりする可能性があります。(CVE-2008-1679、CVE-2008-4864)

Python snprintf() ラッパーの実装において、多数の整数アンダーフローおよびオーバーフローの欠陥が見つかりました。攻撃者がこれらの欠陥を利用して、サービス拒否(メモリ破損)を引き起こす可能性があります。(CVE-2008-3144)

様々な Python モジュールにおいて、複数の整数オーバーフローの欠陥が見つかりました。
攻撃者がこれらの欠陥を利用して、サービス拒否(Python アプリケーションクラッシュ)を引き起こす可能性があります。(CVE-2008-2315、CVE-2008-3143)

Apple 製品セキュリティチームの David Remahl 氏に対して、責任を持って CVE-2008-1679 と CVE-2008-2315 の問題を報告してくれたことに感謝の意を表します。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?492e1514

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 60624

ファイル名: sl_20090728_python_for_SL_3_0_x.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2012/8/1

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

脆弱性情報

CPE: x-cpe:/o:fermilab:scientific_linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

脆弱性公開日: 2008/4/18

参照情報

CVE: CVE-2008-1679, CVE-2008-1887, CVE-2008-2315, CVE-2008-3142, CVE-2008-3143, CVE-2008-3144, CVE-2008-4864, CVE-2008-5031

CWE: 119, 189