Scientific Linux セキュリティ更新:SL4.x、SL5.x i386/x86_64 の firefox

high Nessus プラグイン ID 60709

概要

リモート Scientific Linux ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

不正な形式の Web コンテンツの処理に様々な欠陥が見つかりました。悪意のあるコンテンツが含まれる Web ページが、Firefox をクラッシュさせたり、 Firefox を実行しているユーザーの権限で任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2009-3979、 CVE-2009-3981、CVE-2009-3986)

Firefox NT Lan Manager(NTLM)の認証プロトコルの実装に欠陥が見つかりました。攻撃者が、NTLM 認証情報を持つローカルユーザーを騙し、特別に細工された Web ページにアクセスさせることができた場合、ユーザーの NTLM 認証情報で認証された任意のリクエストを、ユーザーのシステムの他のアプリケーションに送信することが可能です。
(CVE-2009-3983)

Firefox が SSL ロケーションバーのインジケーターを表示する方法で、欠陥が見つかりました。攻撃者が、暗号化されているように見える暗号化されていない Web ページを作成することが可能です。これにより、ユーザーを騙し、安全なページにアクセスしていると錯覚させることが可能です。(CVE-2009-3984)

ユーザーが無効なアドレスに移動した後に Firefox が空白ページを表示する方法で、欠陥が見つかりました。ユーザーが空白ページにつながる攻撃者の制御下にある Web ページにアクセスした場合、攻撃者がこの空白ページ内にコンテンツを注入することが可能です。これにより、ユーザーを騙し、正当なページを閲覧していると錯覚させることが可能です。
(CVE-2009-3985)

更新をインストールした後、変更した内容を反映させるには Firefox を再起動する必要があります。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?3467a319

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 60709

ファイル名: sl_20091216_firefox_on_SL4_x.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2012/8/1

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

脆弱性情報

CPE: x-cpe:/o:fermilab:scientific_linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

パッチ公開日: 2009/12/16

参照情報

CVE: CVE-2009-3979, CVE-2009-3981, CVE-2009-3983, CVE-2009-3984, CVE-2009-3985, CVE-2009-3986

CWE: 94