Scientific Linux セキュリティ更新:SL5.x i386/x86_64 のカーネル

critical Nessus プラグイン ID 60717
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート Scientific Linux ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

CVE-2007-4567 カーネル:ipv6_hop_jumbo のリモートシステムクラッシュ

CVE-2009-4537 カーネル:26c3 で報告された r8169 問題

CVE-2009-4538 カーネル:e1000e フレームフラグメント問題

CVE-2009-4536 カーネル:26c3 で報告された e1000 問題

この更新では以下のセキュリティ上の問題が修正されます:

- Linux カーネルの実装を処理する IPv6 拡張ヘッダー(EH)に欠陥が見つかりました。skb->dst データ構造体が ipv6_hop_jumbo() 関数で正しく検証されませんでした。これにより、リモートのサービス拒否が発生する可能性があります。(CVE-2007-4567、重要度高)

- Linux カーネルの Intel PRO/1000 Linux ドライバー e1000 および e1000e のそれぞれに欠陥が見つかりました。MTU より大きいパケットを使用するリモートの攻撃者が、既存のフラグメントチェックをバイパスすることが可能です。これにより、部分的な無効なフレームがネットワークスタックに渡される可能性があります。この欠陥を利用して、リモートのサービス拒否が発生させられる可能性もあります。(CVE-2009-4536、CVE-2009-4538、重要度高)

- Linux カーネルの Realtek r8169 イーサネットドライバーに欠陥が見つかりました。このドライバーがサポートするネットワークカードで過剰に長いフレームを受信すると、リモートのサービス拒否が発生する可能性があります。(CVE-2009-4537、重要度高)

この更新を有効にするには、システムを再起動する必要があります。

注 1:fuse カーネルモジュールがカーネルの一部になったため、上流ベンダーによってリリースされた fuse を一致させるために、弊社は過去のリリースの fuse を更新しています。

Note2:xfs が x86_64 のカーネルの一部になりました。このため、 x86_64 用の kernel-module-xfs はありません。

注 3:ipw3945 サポートは SL 54 の iwlwifi3945 に変更され、現在はカーネル内にあります。このため、 SL54 用の kernel-module-ipw3945 はありません。

注 4:Atheros チップセットのサポートは、現在カーネル内にあります。弊社には、インフラストラクチャが SL 50-53 に対して整備されているのかどうかわかりません。このため、引き続き SL 50-53 用の madwifi カーネルモジュールを提供しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?0122c19d

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 60717

ファイル名: sl_20100107_kernel_on_SL5_x.nasl

バージョン: 1.9

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2012/8/1

更新日: 2021/1/14

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.6

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

脆弱性情報

CPE: x-cpe:/o:fermilab:scientific_linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2010/1/7

脆弱性公開日: 2007/12/20

参照情報

CVE: CVE-2007-4567, CVE-2009-4536, CVE-2009-4537, CVE-2009-4538

CWE: 20, 189