Scientific Linux セキュリティ更新:SL4.x i386/x86_64 のカーネル

high Nessus プラグイン ID 60728
New! Vulnerability Priority Rating (VPR)

Tenable では、すべての脆弱性に対して動的な VPR が計算されます。VPR は脆弱性の情報を、脅威インテリジェンスや機械学習アルゴリズムと組み合わせて、攻撃時に最も悪用される可能性の高い脆弱性を予測します。詳細は、 「VPR とは何で、CVSS とはどう違うのか」を参照してください。

VPR スコア : 5.9

概要

リモート Scientific Linux ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

CVE-2009-3889 CVE-2009-3939 カーネル:sysfs 内の megaraid_sas 権限

CVE-2009-3080 カーネル:gdth:ioctl における負のオフセットを回避します

CVE-2009-4005 カーネル:isdn:hfc_usb:リードバッファオーバーフローを修正します

CVE-2009-4020 カーネル:hfs バッファオーバーフロー

この更新では以下のセキュリティ上の問題が修正されます:

- 配列インデックスエラーが、Linux カーネルの gdth ドライバーで見つかりました。ローカルユーザーが特別に細工された IOCTL リクエストを送信し、サービス拒否または権限昇格を引き起こす可能性があります。
(CVE-2009-3080、重要度高)

- Linux カーネルの HiSax ISDN ドライバー(hfc_usb)にある collect_rx_frame() 関数に欠陥が見つかりました。攻撃者はこの欠陥を悪用し、特殊に細工された HDLC パケットを送ることがあります。これは範囲外のバッファを発生させ、サービス拒否に繋がる恐れがあります。
(CVE-2009-4005、重要度高)

- Linux カーネル内の megaraid_sas ドライバー(SAS ベースの RAID コントローラー用)で権限の問題が見つかりました。
sysfs ファイルシステム(「/sys/」)の「dbg_lvl」および「poll_mode_io」ファイルに、誰でも書き込める権限がありました。これにより、権限のないローカルユーザーがドライバーの動作を変更できる可能性があります。(CVE-2009-3889、CVE-2009-3939、重要度中)

- Linux カーネルの HFS ファイルシステム実装にある hfs_bnode_read() 関数にバッファオーバーフローの欠陥が見つかりました。これにより、ユーザーが、例えば「ls」を実行することで、特別に細工された HFS ファイルシステムを参照すると、サービス拒否が発生する可能性があります。(CVE-2009-4020、重要度低)

この更新は以下のバグも修正します:

- プロセスが ptrace() を使用してマルチスレッドプロセスをトレースしており、そのマルチスレッドプロセスがそのコアをダンプした場合、トレースを実行しているプロセスが wait4() でハングアップする可能性があります。この問題は、ストレース命令のハングを起こしている、そのコアをダンピングするマルチスレッドプロセス上の「strace -f」の実行でトリガーされることがあります。(BZ#555869)

- ptrace() 実装のバグによって、場合によっては、トレースされているプロセスが SIGKILL 信号で終了した場合に、ptrace_detach() がゾンビプロセスを作成する可能性がありました。(BZ#555869)

- kernel-2.6.9-89.0.19.EL 更新は、Realtek r8169 イーサネットドライバーの問題(CVE-2009-4537)を解決しました。
この更新により、この問題のより良い解決策が実施されます。
注:これはセキュリティ回帰ではありません。元の修正が完了しました。この更新により、公式の上流修正が補足されています。(BZ#556406)

この更新を有効にするには、システムを再起動する必要があります。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=555869

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=556406

http://www.nessus.org/u?256ab77b

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 60728

ファイル名: sl_20100202_kernel_on_SL4_x.nasl

バージョン: 1.11

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2012/8/1

更新日: 2021/1/14

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

リスクファクター: High

VPR スコア: 5.9

CVSS v2.0

Base Score: 7.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:C

脆弱性の情報

CPE: x-cpe:/o:fermilab:scientific_linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

パッチ公開日: 2010/2/2

参照情報

CVE: CVE-2009-3080, CVE-2009-3889, CVE-2009-3939, CVE-2009-4005, CVE-2009-4020, CVE-2009-4537

CWE: 20, 119, 264