Scientific Linux セキュリティ更新:SL5.x i386/x86_64 の mysql

medium Nessus プラグイン ID 60736
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート Scientific Linux ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

CVE-2009-4019 mysql:サブクエリから GIS 項目を比較する際および WHERE でサブクエリを処理する際、SELECT を @variable に割り当てる際の DoS(クラッシュ)

CVE-2009-4028 mysql:クライアント SSL 証明書検証の欠陥

CVE-2009-4030 mysql:CVE-2008-2079/CVE-2008-4098 の不完全な修正

MySQL クライアントがサーバーに接続するときに特定の SSL 証明書の検証エラーが無視されていることが発見されました。中間者攻撃者はこの欠陥を利用して、MySQL クライアントを騙して、偽装した MySQL サーバーに接続させることがあります。(CVE-2009-4028)

注:この修正により、正しくない CA 証明書のクライアントによる使用や、サーバー証明書の期限切れなど、以前は見つからなかった SSL 構成の問題が検出される場合があります。SSL 接続が使用されている展開では、この更新を慎重にテストする必要があります。

MySQL で、結果をユーザー変数に割り当てるサブクエリを WHERE 句で使用する場合に、 SELECT ステートメントを処理する方法に欠陥が見つかりました。認証されたリモートの攻撃者がこの欠陥を利用して、 MySQL サーバーデーモン(mysqld)をクラッシュさせる可能性があります。この問題によって発生したのは一時的なサービス拒否のみで、クラッシュ後に MySQL デーモンは自動的に再起動しました。(CVE-2009-4019)

相対パスを使用して「datadir」オプションが設定された場合、 MySQL により DATA DIRECTORY および INDEX DIRECTORY ディレクティブの引数として使用されたパスが正しく確認されませんでした。認証された攻撃者が、この欠陥を利用して、 DATA DIRECTORY および INDEX DIRECTORY パスとして使用されている MySQL データディレクトリのサブディレクトリを使用できないようにする制限をバイパスする可能性があります。(CVE-2009-4030)

注:DATA DIRECTORY および INDEX DIRECTORY ディレクティブの使用に関連するセキュリティのリスクおよび以前のセキュリティの問題があるため、この機能に依存していないユーザーは、「my.cnf」構成ファイルの [mysqld] の選択肢に「symbolic-links=0」を追加することによって、この機能を無効にすることを検討してください。この更新では、このような構成の例がデフォルトの「my.cnf」ファイルに追加されました。

この更新のインストール後、 MySQL サーバーデーモン(mysqld)が自動的に再起動します。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?89a47a65

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 60736

ファイル名: sl_20100216_mysql_on_SL5_x.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2012/8/1

更新日: 2021/1/14

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

脆弱性情報

CPE: x-cpe:/o:fermilab:scientific_linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

パッチ公開日: 2010/2/16

参照情報

CVE: CVE-2008-2079, CVE-2008-4098, CVE-2009-4019, CVE-2009-4028, CVE-2009-4030

CWE: 20, 59, 264