Scientific Linux セキュリティ更新:SL6.x i386/x86_64 の glibc

high Nessus プラグイン ID 60891

概要

リモート Scientific Linux ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

glibc 動的リンカー/ローダーが、LD_AUDIT 環境変数に設定された動的文字列トークン $ORIGIN を安全に処理しないことがわかりました。setuid または setgid バイナリを含むファイルシステムへの書き込みアクセス権を持つローカルの攻撃者が、この欠陥を利用して、権限を昇格させる可能性があります。(CVE-2010-3847)

glibc 動的リンカー/ローダーが、動的共有オブジェクト(DSO)のロード中に十分な安全確認を実行せず、権限のあるプログラムの実行中に監査 API のコールバックを提供することがわかりました。ローカルの攻撃者はこの欠陥を利用して、安全でないコンストラクタが含まれる、入念に選ばれたシステム DSO ライブラリを介して、権限を昇格させる可能性があります。(CVE-2010-3856)

この更新は以下のバグも修正します:

- 以前、strstr() と memmem() 関数のジェネリック実装は、特定の周期的なパターンを正しく処理できず、間違った偽陽性の一致を検出する可能性がありました。このエラーは修正され、現在は両方の機能が正しく動作します。(BZ#643341)

- Intel AVX ベクターレジスター対応の 64 ビットシステムでシンボル解決中にアプリケーションがクラッシュしないよう、「TCB_ALIGNMENT」値は 32 バイトに引き上げられました。(BZ#643343)

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=643341

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=643343

http://www.nessus.org/u?79c01b40

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 60891

ファイル名: sl_20101110_glibc_on_SL6_x.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2012/8/1

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 8.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

脆弱性情報

CPE: x-cpe:/o:fermilab:scientific_linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2010/11/10

エクスプロイト可能

CANVAS (CANVAS)

Core Impact

Metasploit (glibc LD_AUDIT Arbitrary DSO Load Privilege Escalation)

参照情報

CVE: CVE-2010-3847, CVE-2010-3856