Scientific Linux セキュリティ更新:SL6.x i386/x86_64 の mysql

medium Nessus プラグイン ID 60940
New! Vulnerability Priority Rating (VPR)

Tenable では、すべての脆弱性に対して動的な VPR が計算されます。VPR は脆弱性の情報を、脅威インテリジェンスや機械学習アルゴリズムと組み合わせて、攻撃時に最も悪用される可能性の高い脆弱性を予測します。詳細は、 「VPR とは何で、CVSS とはどう違うのか」を参照してください。

VPR スコア : 4.4

概要

リモート Scientific Linux ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

MySQL PolyFromWKB() 関数で、Well-Known Binary(WKB)データのサニティチェックが行われませんでした。このため、認証されたリモートの攻撃者は mysqld をクラッシュさせる可能性があります。(CVE-2010-3840)

MySQL の、特定の JOIN クエリを処理する方法に欠陥があります。このため、ストアドプロシージャに JOIN クエリが含まれていて、一連のシーケンスで 2 回実行されると、認証されたリモートの攻撃者により CPU の使用率が過度に高まる可能性があります(最大 100%)。(CVE-2010-3839)

MySQL の、LEAST または GREATEST 関数に数値および longblob データタイプの組み合わせを提供するクエリの処理方法に欠陥があります。このため、認証されたリモートの攻撃者により mysqld がクラッシュされる恐れがあります。
(CVE-2010-3838)

MySQL で、GROUP_CONTACT および WITH RLLUP 修飾子を含む PREPARE ステートメントを処理する方法に欠陥があります。このため、認証されたリモートの攻撃者により mysqld がクラッシュされる恐れがあります。(CVE-2010-3837)

MySQL では、ビュー準備モードで LIKE 引数を適切に事前評価していません。このため、認証されたリモートの攻撃者により mysqld がクラッシュされる恐れがあります。(CVE-2010-3836)

MySQL で、ユーザー定義型の変数に値を割り当てるステートメントおよび論理値の評価を含むステートメントを処理する方法に欠陥があります。このため、認証されたリモートの攻撃者により mysqld がクラッシュされる恐れがあります。
(CVE-2010-3835)

MySQL で、LEAST および GREATEST のような極値関数の引数を評価する方法に欠陥があります。このため、認証されたリモートの攻撃者により mysqld がクラッシュされる恐れがあります。(CVE-2010-3833)

MySQL の LOAD DATA INFILE リクエストの処理方法における欠陥により、MySQL にエラーがあった場合にも OK パケットが送信されてしまいます。(CVE-2010-3683)

MySQL で、いくつかの複雑な SLECT クエリに対して EXPLAIN ステートメントを処理する方法に欠陥があります。このため、認証されたリモートの攻撃者により mysqld がクラッシュされる恐れがあります。(CVE-2010-3682)

MySQL で HANDLER ステートメントによって提供される特定の変更 READ リクエストを処理する方法に欠陥があります。このため、認証されたリモートの攻撃者により mysqld がクラッシュされる恐れがあります。(CVE-2010-3681)

MySQL で、InnoDB ストレージエンジンを使用する際に NULL の列を定義する CREATE TEMPORARY TABLE ステートメントを処理する方法に欠陥があります。このため、認証されたリモートの攻撃者により mysqld がクラッシュされる恐れがあります。
(CVE-2010-3680)

MySQL で、BILOG ステートメントに対して与えられた特定の値を処理する方法における欠陥により、割り当てられていないメモリが読み取られてしまいます。認証されたリモートの攻撃者がこの欠陥を利用して、mysqld をクラッシュさせる可能性があります。
(CVE-2010-3679)

NULL 引数がクエリに対する引数のひとつとして与えられる際に、MySQL で IN または CASE ステートメントを含む SQL クエリを処理する方法に欠陥があります。このため、認証されたリモートの攻撃者は mysqld をクラッシュさせる可能性があります。(CVE-2010-3678)

MySQL が、一意の SET の列からデータの取得を試みる JOIN クエリの処理方法に欠陥があります。このため、認証されたリモートの攻撃者は mysqld をクラッシュさせる可能性があります。(CVE-2010-3677)

注:CVE-2010-3840、CVE-2010-3838、CVE-2010-3837、CVE-2010-3835、CVE-2010-3833、CVE-2010-3682、CVE-2010-3681、CVE-2010-3680、CVE-2010-3678、CVE-2010-3677 では、一時的なサービス拒否のみが引き起こされます。これは、mysqld がクラッシュする度に、自動的に再起動されるためです。

これらの更新済みパッケージは、MySQL をバージョン 5.1.52 にアップグレードします。詳細な変更内容については、 MySQL リリースノートを参照してください。

http://dev.mysql.com/doc/refman/5.1/en/news-5-1-52.html

この更新のインストール後、 MySQL サーバーデーモン(mysqld)が自動的に再起動します。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://dev.mysql.com/doc/refman/5.1/en/news-5-1-52.html

http://www.nessus.org/u?b8d8afaf

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 60940

ファイル名: sl_20110118_mysql_on_SL6_x.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2012/8/1

更新日: 2021/1/14

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

リスクファクター: Medium

VPR スコア: 4.4

CVSS v2.0

Base Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

脆弱性の情報

CPE: x-cpe:/o:fermilab:scientific_linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

パッチ公開日: 2011/1/18

脆弱性公開日: 2011/1/11

参照情報

CVE: CVE-2010-3677, CVE-2010-3678, CVE-2010-3679, CVE-2010-3680, CVE-2010-3681, CVE-2010-3682, CVE-2010-3683, CVE-2010-3833, CVE-2010-3835, CVE-2010-3836, CVE-2010-3837, CVE-2010-3838, CVE-2010-3839, CVE-2010-3840