Scientific Linux セキュリティ更新:SL4.x i386/x86_64 の python

high Nessus プラグイン ID 60960

概要

リモート Scientific Linux ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

Python rgbimg モジュールに複数の欠陥が見つかりました。Python で書かれたアプリケーションで rgbimg モジュールを使用し、特別に細工された SGI 画像ファイルを読み込むと、アプリケーションをクラッシュさせたり、そのアプリケーションを実行しているユーザーの権限で任意のコードが実行される可能性があります。(CVE-2009-4134、 CVE-2010-1449、CVE-2010-1450)

この更新は以下のバグも修正します:

- Python 2.3.4 の time.strptime() 関数は、「%W」週番号の書式文字列を正しく処理していませんでした。
この更新では、Python 2.3.6 から _strptime の実装をバックポートし、この問題を修正します。(BZ#436001)

- Python 2.3.4 の socket.htons() 関数は、IBM System z で、部分的に初期化されていないデータを返し、これは通常、不適切な結果を引き起こしました。(BZ#513341)

- Python 2.3.4 の pwd.getpwuid() 関数および grp.getgrgid() 関数は、64 ビットアーキテクチャでユーザー ID およびグループ ID の完全な範囲をサポートしていませんでした。これにより、大きな入力値に対する「OverflowError」例外が引き起こされました。この更新では、 64 ビットアーキテクチャのユーザーおよびグループ ID の完全な範囲に対するサポートが追加されます。(BZ#497540)

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=436001

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=497540

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=513341

http://www.nessus.org/u?7224b1d4

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 60960

ファイル名: sl_20110216_python_on_SL4_x.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2012/8/1

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

脆弱性情報

CPE: x-cpe:/o:fermilab:scientific_linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

パッチ公開日: 2011/2/16

参照情報

CVE: CVE-2009-4134, CVE-2010-1449, CVE-2010-1450