Scientific Linux セキュリティ更新:SL5.x i386/x86_64 のカーネル

medium Nessus プラグイン ID 61018

概要

リモート Scientific Linux ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

この更新では以下のセキュリティ上の問題が修正されます:

- Linux カーネルの av7110 モジュールの dvb_ca_ioctl() 関数に境界検査の欠落が見つかりました。av7110 モジュールが必要な古い DVB カードを使用するシステムで、ローカルの権限のないユーザーが、この欠陥を利用して、サービス拒否を引き起こしたり、権限を昇格したりする可能性があります。
(CVE-2011-0521、重要度高)

- Linux カーネルの NFSv4(Network File System バージョン 4)の ACL データを割り当てる方法と、それを解放する方法の間の相互作用で、不一致が見つかりました。この不整合により、カーネルパニックが引き起こされていました。これは、ローカルの権限のないユーザーが、NFSv4 シェアでこのユーザーが所有するファイルを使用することによりトリガーされる可能性があります。
(CVE-2011-1090、重要度中)

- Linux カーネルのネットワーク実装の Generic Receive Offload(GRO)機能に、NULL ポインターデリファレンスの欠陥が見つかりました。GRO とプロミスキャスモードの両方が仮想 LAN(VLAN)のインターフェイスで有効になっていた場合、これにより、そのインターフェイスで無効な形式の VLAN フレームが受信されたときに、サービス拒否が引き起こされる可能性があります。(CVE-2011-1478、重要度中)

- install_special_mapping() 関数の Linux カーネル実装にある欠落しているセキュリティチェックにより、権限のないローカルユーザーが mmap_min_addr 保護メカニズムをバイパスする可能性があります。(CVE-2010-4346、重要度低)

- Linux カーネルの task_show_regs() 実装に情報漏洩が見つかりました。IBM S/390 システムで、ローカルの権限のないユーザーが、この欠陥を利用して、/proc/[PID]/status ファイルを読み取る可能性があります。これにより、プロセスの CPU レジスタ値を発見することが可能になります。(CVE-2011-0710、重要度低)

- Mac OS オペレーティングシステムで作成されたファイルシステムのサポートに使用する、Linux カーネルの mac_partition() 実装に検証チェックが欠落していることが見つかりました。ローカルの攻撃者が、この欠陥を利用して、特別に細工されたパーティションを含むディスクをマウントすることにより、サービス拒否を引き起こす可能性があります。(CVE-2011-1010、重要度低)

この更新は、いくつかのバグも修正します。

この更新を有効にするには、システムを再起動する必要があります。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?810eeb6e

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 61018

ファイル名: sl_20110412_kernel_on_SL5_x.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2012/8/1

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.9

ベクトル: AV:L/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

脆弱性情報

CPE: x-cpe:/o:fermilab:scientific_linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

パッチ公開日: 2011/4/12

参照情報

CVE: CVE-2010-4346, CVE-2011-0521, CVE-2011-0710, CVE-2011-1010, CVE-2011-1090, CVE-2011-1478