Scientific Linux セキュリティ更新:SL6.x i386/x86_64 のカーネル

high Nessus プラグイン ID 61035
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート Scientific Linux ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

セキュリティ修正:

- ib_uverbs_poll_cq() の整数オーバーフローの欠陥により、権限のないローカルユーザーが、サービス拒否を引き起こしたり、権限を昇格することが可能でした。(CVE-2010-4649、重要度高)

- drm_modeset_ctl() の整数符号の欠陥により、権限のないローカルユーザーがサービス拒否を引き起こしたり、権限を昇格したりする可能性があります。(CVE-2011-1013、重要度高)

- Linux カーネルの Radeon GPU ドライバーでアンチエイリアシング(AA)解決レジスタ値のサニティチェックが欠落していることにより、ATI Radeon R300、R400、または R500 ファミリーのカードのグラフィックカードを使用するシステムで、権限のないローカルユーザーがサービス拒否を引き起こしたり、システムでの権限を昇格したりする可能性があります。
(CVE-2011-1016、重要度高)

- dccp_rcv_state_process() の欠陥により、ソケットがすでに閉じられていても、リモートの攻撃者がサービス拒否を引き起こす可能性があります。(CVE-2011-1093、重要度高)

- Linux カーネルのストリーム制御転送プロトコル(SCTP)実装の欠陥により、sysctl の「net.sctp.addip_enable」および「auth_enable」変数がオンの場合に(これらはデフォルトではオフ)、リモートの攻撃者がサービス拒否を引き起こす可能性があります。(CVE-2011-1573、重要度高)

- inotify_init() システムコールでのメモリ漏洩。場合によっては、これによりグループが漏洩することがあり、権限のないローカルユーザーが最終的にサービス拒否を起こせることがあります。(CVE-2010-4250、重要度中)

- bnep_sock_ioctl() での NULL 終端文字列データ構造要素の検証が欠落していることにより、ローカルユーザーが情報漏洩またはサービス拒否を引き起こす可能性があります。(CVE-2011-1079、重要度中)

- コントローラーエリアネットワーク(CAN)の Broadcast Manager 実装での bcm_connect() の情報漏洩により、権限のないローカルユーザーが、「/proc/net/can-bcm」のカーネルモードアドレスを漏洩する可能性があります。(CVE-2010-4565、重要度低)

- Linux カーネルの Integrity Measurement Architecture(IMA)実装に欠陥が見つかりました。SELinux が無効なときに、SELinux によって処理されると考えられている IMA ルールを追加すると、ima_match_rules() は残りのルールを無視して、常に正常に実行されます。(CVE-2011-0006、重要度低)

- XFS ファイルシステム実装で初期化が行われないの欠陥により、情報漏洩が発生する可能性があります。
(CVE-2011-0711、重要度低)

- snd_usb_caiaq_audio_init() および snd_usb_caiaq_midi_init() のバッファオーバーフロー欠陥により、Native Instrument USB オーディオデバイスへのアクセス権がある、権限のないローカルユーザーが、サービス拒否または権限昇格を引き起こす可能性があります。(CVE-2011-0712、重要度低)

- 「/proc/[pid]/stat」の start_code および end_code の値が保護されていませんでした。特定のシナリオでは、この欠陥を利用して、Address Space Layout Randomization(ASLR)を打ち破ることが可能でした。(CVE-2011-0726、重要度低)

- dev_load() の欠陥により、CAP_NET_ADMIN 機能があるローカルユーザーが、netdev モジュールだけでなく、「/lib/modules/」からの任意のモジュールを読み込める可能性があります。
(CVE-2011-1019、重要度低)

- ib_uverbs_poll_cq() の欠陥により、権限のないローカルユーザーが情報漏洩を引き起こす可能性があります。
(CVE-2011-1044、重要度低)

- do_replace() の中の NULL 終端文字列データ構造要素の検証が欠落していることにより、CAP_NET_ADMIN 機能があるローカルユーザーが、情報漏洩を引き起こす可能性があります。(CVE-2011-1080、重要度低)

この更新は、さまざまなバグも修正します。

この更新により、拡張機能も追加されます。

- この更新では、VLAN null タグサポートを提供します(VLAN ID 0 をタグで使用できます)。

この更新を有効にするには、システムを再起動する必要があります。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?927fa090

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 61035

ファイル名: sl_20110510_kernel_on_SL6_x.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2012/8/1

更新日: 2021/1/14

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:C

脆弱性情報

CPE: x-cpe:/o:fermilab:scientific_linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

パッチ公開日: 2011/5/10

脆弱性公開日: 2010/12/29

参照情報

CVE: CVE-2010-4250, CVE-2010-4565, CVE-2010-4649, CVE-2011-0006, CVE-2011-0711, CVE-2011-0712, CVE-2011-0726, CVE-2011-1013, CVE-2011-1016, CVE-2011-1019, CVE-2011-1044, CVE-2011-1079, CVE-2011-1080, CVE-2011-1093, CVE-2011-1573