Scientific Linux セキュリティ更新:SL6.x i386/x86_64 の python

medium Nessus プラグイン ID 61046

概要

リモート Scientific Linux ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

Python は、インタープリタ型のインタラクティブなオブジェクト指向プログラミング言語です。

Python の urllib および urllib2 ライブラリで欠陥が見つかっており、その欠陥では、自動リダイレクトが処理されるとき、さまざまなターゲット URL が区別されません。これにより、これらのモジュールを使用する Python アプリケーションは、「file://」 URL タイプなどの、それらが理解するあらゆる新しい URL に従いました。これにより、リモートサーバーがローカルの Python アプリケーションに、リモートファイルの代わりに、ローカルファイルを読み取るように強制でき、開示することが意図されていないローカルファイルが開示される可能性があります。
(CVE-2011-1521)

競合状態が、Python の smtpd モジュールで新しい接続を処理する方法で、見つかりました。リモートユーザーがこの欠陥を利用して、smtpd モジュールを使用する Python スクリプトを、終了する可能性があります。(CVE-2010-3493)

情報漏洩欠陥が、Python CGIHTTPServer モジュールで特定の HTTP GET リクエストを処理する方法で、見つかりました。リモートの攻撃者が、特別に細工されたリクエストを使用して、CGI スクリプトのソースコードを取得する可能性があります。(CVE-2011-1015)

またこのエラータは、Python を Upstream バージョン 2.6.6 にアップグレードし、多数のバグ修正および拡張機能を含んでいます。これらのバグ修正と機能鵜拡張についてのドキュメントは、「テクニカルノート」ドキュメントから入手できます。「参照」セクションにリンクがあります。

Python の全ユーザーは、これらの更新済みパッケージにアップグレードし、これらの問題を解決し、バグを修正し、「テクニカルノート」に記載されている拡張機能を追加することが推奨されます。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?4e9be180

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 61046

ファイル名: sl_20110519_python_on_SL6_x.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2012/8/1

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.2

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.4

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:N/A:P

脆弱性情報

CPE: x-cpe:/o:fermilab:scientific_linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

パッチ公開日: 2011/5/19

参照情報

CVE: CVE-2010-3493, CVE-2011-1015, CVE-2011-1521