Scientific Linux セキュリティ更新:SL6.x i386/x86_64 の kdelibs

medium Nessus プラグイン ID 61152
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート Scientific Linux ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

kdelibs パッケージは、K Desktop Environment(KDE)用のライブラリを提供します。

入力サ二タイズの欠陥が、KSSL(KDE SSL ラッパー)API に見つかりました。攻撃者が特別に細工されたアプリケーションに対する SSL 証明書を(例えば Web ページ経由して)Konqueror Web ブラウザなどの KSSL を使用するアプリケーションに供給できる可能性があり、これにより誤解を招く情報がユーザーに表示され、ユーザーは騙されて証明書を有効なものとして受け入れる可能性があります。(CVE-2011-3365)

この更新により、次の拡張機能も追加されます:

- kdelibs が、一連の独自の信頼できる認証局(CA)の証明書を提供しました。この更新により、kdelibs が、独自のコピーではなく CA 証明書パッケージからのシステムセットを使用するようになります。

ユーザーは、これらの更新パッケージにアップグレードする必要があります。これには、この課題を修正し、この拡張機能を追加するバックポートされたパッチが含まれます。この更新を有効にするには、デスクトップを再起動(ログアウトしてから再びログイン)する必要があります。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?f3cff683

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 61152

ファイル名: sl_20111011_kdelibs_on_SL6_x.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2012/8/1

更新日: 2021/1/14

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:P/A:N

脆弱性情報

CPE: x-cpe:/o:fermilab:scientific_linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

パッチ公開日: 2011/10/11

参照情報

CVE: CVE-2011-3365