Scientific Linux セキュリティ更新:SL5.x i386/x86_64 の java-1.6.0-sun(BEAST)

critical Nessus プラグイン ID 61158

概要

リモート Scientific Linux ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

Sun 1.6.0 Java リリースには、Sun Java 6 Runtime Environment および Sun Java 6 ソフトウェア開発キットが含まれています。

この更新は、Sun Java 6 Runtime Environment および Sun Java 6 ソフトウェア開発キットのいくつかの脆弱性を修正します。これらの欠陥の詳細については、参照セクションに一覧されている Oracle Java SE Critical Patch のページを参照してください。(CVE-2011-3389、CVE-2011-3516、CVE-2011-3521、CVE-2011-3544、CVE-2011-3545、CVE-2011-3546、CVE-2011-3547、CVE-2011-3548、CVE-2011-3549、CVE-2011-3550、CVE-2011-3551、CVE-2011-3552、CVE-2011-3553、CVE-2011-3554、CVE-2011-3555、CVE-2011-3556、CVE-2011-3557、CVE-2011-3558、CVE-2011-3560、CVE-2011-3561)

java-1.6.0-sun の全ユーザーは、JDK および JRE 6 Update 29 を提供するこれらの更新済みパッケージへアップグレードし、これらの問題を解決することが推奨されます。更新を有効にするには、 Sun Java のすべての実行しているインスタンスを再起動する必要があります。

ソリューション

影響を受ける java-1.6.0-sun-compat および/または jdk パッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?7daa5835

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 61158

ファイル名: sl_20111019_java_1_6_0_sun_on_SL5_x.nasl

バージョン: 1.12

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2012/8/1

更新日: 2022/3/8

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.9

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

脆弱性情報

CPE: x-cpe:/o:fermilab:scientific_linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2011/10/19

脆弱性公開日: 2011/9/6

CISAの既知の悪用日: 2022/3/24

エクスプロイト可能

CANVAS (CANVAS)

Core Impact

Metasploit (Java RMI Server Insecure Default Configuration Java Code Execution)

参照情報

CVE: CVE-2011-3389, CVE-2011-3516, CVE-2011-3521, CVE-2011-3544, CVE-2011-3545, CVE-2011-3546, CVE-2011-3547, CVE-2011-3548, CVE-2011-3549, CVE-2011-3550, CVE-2011-3551, CVE-2011-3552, CVE-2011-3553, CVE-2011-3554, CVE-2011-3555, CVE-2011-3556, CVE-2011-3557, CVE-2011-3558, CVE-2011-3560, CVE-2011-3561