Scientific Linux セキュリティ更新:SL5.x、SL6.x i386/x86_64 の php53 と php

medium Nessus プラグイン ID 61219
New! Vulnerability Priority Rating (VPR)

Tenable では、すべての脆弱性に対して動的な VPR が計算されます。VPR は脆弱性の情報を、脅威インテリジェンスや機械学習アルゴリズムと組み合わせて、攻撃時に最も悪用される可能性の高い脆弱性を予測します。詳細は、 「VPR とは何で、CVSS とはどう違うのか」を参照してください。

VPR スコア : 5.7

概要

リモート Scientific Linux ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

PHP は、Apache HTTP Server で一般的に使用される、 HTML を組み込んだスクリプト言語です。

PHP 配列で使用されるハッシュ化ルーチンが、予測可能なハッシュの衝突を起こしやすいことが発見されました。PHP アプリケーションに対する HTTP POST リクエストが多くのパラメーターを含み、その名前が同じハッシュ値にマッピングされる場合、長時間の CPU 時間が消費されます。この欠陥は新しい構成ディレクティブ、 max_input_vars を追加することにより緩和されます。このディレクティブは、リクエストごとにプロセスされるパラメーターの最大数を限定します。デフォルトで、max_input_vars は 1000 に設定されています。
(CVE-2011-4885)

PHP の exif 拡張に整数オーバーフローの欠陥が見つかりました。32 ビットシステムでは、 PHP スクリプトがイメージファイルから Exchangeable image file format(Exif)メタデータを抽出しようとする際に、特別に細工されたイメージファイルにより PHP インタープリターがクラッシュし、そのメモリを部分的に漏洩する可能性があります。(CVE-2011-4566)

php53 および php の全ユーザーは、バックポートされたパッチが含まれるこれらの更新済みパッケージへアップグレードし、これらの問題を解決することが推奨されます。更新したパッケージをインストールした後、更新を有効にするために httpd デーモンを再起動する必要があります。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?62517f6e

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 61219

ファイル名: sl_20120111_php53_and_php_on_SL5_x.nasl

バージョン: 1.15

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2012/8/1

更新日: 2021/1/14

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

リスクファクター: Medium

VPR スコア: 5.7

CVSS v2.0

Base Score: 6.4

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:N/A:P

脆弱性の情報

CPE: p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:php, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:php-bcmath, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:php-cli, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:php-common, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:php-dba, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:php-debuginfo, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:php-devel, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:php-embedded, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:php-enchant, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:php-gd, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:php-imap, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:php-intl, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:php-ldap, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:php-mbstring, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:php-mysql, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:php-odbc, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:php-pdo, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:php-pgsql, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:php-process, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:php-pspell, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:php-recode, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:php-snmp, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:php-soap, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:php-tidy, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:php-xml, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:php-xmlrpc, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:php-zts, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:php53, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:php53-bcmath, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:php53-cli, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:php53-common, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:php53-dba, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:php53-debuginfo, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:php53-devel, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:php53-gd, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:php53-imap, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:php53-intl, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:php53-ldap, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:php53-mbstring, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:php53-mysql, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:php53-odbc, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:php53-pdo, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:php53-pgsql, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:php53-process, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:php53-pspell, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:php53-snmp, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:php53-soap, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:php53-xml, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:php53-xmlrpc, x-cpe:/o:fermilab:scientific_linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2012/1/11

脆弱性公開日: 2011/11/29

エクスプロイト可能

Core Impact

参照情報

CVE: CVE-2011-4566, CVE-2011-4885