Scientific Linux セキュリティ更新:SL5.x、SL6.x i386/x86_64 の thunderbird

critical Nessus プラグイン ID 61306
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート Scientific Linux ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

Mozilla Thunderbird はスタンドアロンのメールおよびニュースグループクライアントです。

OpenType(OTS)用のサニタイザーに欠陥が見つかりました。これは Thunderbird により使用されており、無効な形式の OpenType フォントが悪用されることを未然に防いでいます。
悪意のあるコンテンツにより、Thunderbird がクラッシュすることや、ある特定の状況において、Thunderbird を実行しているユーザーの権限で、任意のコードが実行される可能性があります。(CVE-2011-3062)

悪意あるコンテンツが、Thunderbird をクラッシュさせたり、 Thunderbird を実行しているユーザーの権限で任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2012-0467、 CVE-2012-0468、CVE-2012-0469)

悪意のあるスケーラブル・ベクター・グラフィックス(SVG)画像ファイルが含まれるコンテンツにより、Thunderbird がクラッシュしたり、Thunderbird を実行しているユーザーの権限で任意のコードが実行されたりする可能性があります。
(CVE-2012-0470)

ある特定のフォントをレンダリングするために、Thunderbird がそこに埋め込まれた Cairo ライブラリを使用する方法で欠陥が見つかりました。悪意のあるコンテンツにより、Thunderbird がクラッシュすることや、ある特定の状況において、Thunderbird を実行しているユーザーの権限で、任意のコードが実行される可能性があります。
(CVE-2012-0472)

Thunderbird が WebGL を使用して特定の画像をレンダリングする方法で、欠陥が見つかりました。悪意のあるコンテンツにより、Thunderbird がクラッシュすることや、ある特定の状況において、Thunderbird を実行しているユーザーの権限で、任意のコードが実行される可能性があります。(CVE-2012-0478)

クロスサイトスクリプティング(XSS)欠陥が、 Thunderbird で特定のマルチバイト文字セットを処理する方法で見つかりました。悪意のあるコンテンツが、別のコンテンツの権限で、 Thunderbird に JavaScript コードを実行させる可能性があります。(CVE-2012-0471)

Thunderbird が WebGL を使用して特定のグラフィックスをレンダリングする方法で、欠陥が見つかりました。悪意のあるコンテンツにより、Thunderbird がクラッシュすることがあります。
(CVE-2012-0473)

Thunderbird におけるビルトインフィードリーダーでの欠陥により、Web サイトのフィールドで、ユーザーが閲覧しているコンテンツとは別のコンテンツのアドレスを表示できていました。攻撃者は、この欠陥を悪用して、悪意のある URL を隠します。これにより、ユーザーをだまして、信頼できるサイトを表示していると信じ込ませたり、攻撃者のサイトからスクリプトをロードできるようにしたりしてしまいます。その結果、クロスサイトスクリプティング(XSS)攻撃を引き起こす可能性があります。(CVE-2012-0474)

Thunderbird が ISO-2022-KR と ISO-2022-CN の文字セットをデコードする方法で欠陥が見つかりました。悪意のあるコンテンツが、別のコンテンツの権限で、 Thunderbird に JavaScript コードを実行させる可能性があります。
(CVE-2012-0477)

Thunderbird でのビルトインフィードリーダーが、RSS フィードと Atom フィードを処理する方法で欠陥が見つかりました。HTTPS 経由でロードされた無効な RSS または Atom のコンテンツにより、 Thunderbird は前述のコンテンツのアドレスを表示することになりますが、コンテンツは表示しません。以前のコンテンツは引き続き表示されます。攻撃者は、この欠陥を悪用して、フィッシング攻撃を仕掛けることがあります。あるいは、ページが実際に攻撃者によりコントロールされるコンテンツである場合、ユーザーをだまして Web サイトフィールドで報告されているサイトを閲覧していると思わせることがあります。
(CVE-2012-0479)

注:メールメッセージに対して JavaScript がデフォルトで無効になっているため、 CVE-2012-0470、CVE-2012-0472、CVE-2011-3062 を除くすべての問題は、特別に細工された HTML メールメッセージにより悪用されません。RSS フィードのフルリモートコンテンツを表示する場合など、 Thunderbird では別の方法で悪用される可能性があります。

ソリューション

影響を受ける thunderbird および/または thunderbird-debuginfo パッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?3a8c06f3

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 61306

ファイル名: sl_20120424_thunderbird_on_SL5_x.nasl

バージョン: 1.10

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2012/8/1

更新日: 2021/1/14

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 8.8

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:thunderbird, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:thunderbird-debuginfo, x-cpe:/o:fermilab:scientific_linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2012/4/24

脆弱性公開日: 2012/3/30

参照情報

CVE: CVE-2011-3062, CVE-2012-0467, CVE-2012-0469, CVE-2012-0470, CVE-2012-0471, CVE-2012-0472, CVE-2012-0473, CVE-2012-0474, CVE-2012-0477, CVE-2012-0478, CVE-2012-0479