Scientific Linux セキュリティ更新:SL6.x i386/x86_64 の mysql

low Nessus プラグイン ID 61341

概要

リモート Scientific Linux ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

MySQL は、マルチユーザー、マルチスレッドの SQL データベースサーバーで、MySQL サーバーデーモン(mysqld)と多数のクライアントプログラムおよびライブラリで構成されています。

MySQL がレコードの削除後に HANDLER READ NEXT ステートメントを処理する方法に欠陥が見つかりました。認証されたリモートの攻撃者がこの欠陥を利用して、mysqld がクラッシュするようなリクエストを提供する可能性があります。
クラッシュ後に mysqld は自動的に再起動するので、問題は一時的なサービス拒否が発生するのみとなります。(CVE-2012-2102)

この更新により、次の拡張機能も追加されます:

- InnoDB ストレージエンジンは、すべてのアーキテクチャに内蔵されています。この更新では、 32 ビット x86、AMD64、および Intel 64 アーキテクチャのプラグインとして InnoDB Plugin を InnoDB ストレージエンジンに追加します。このプラグインは、さらに機能を追加し、内蔵式 InnoDB ストレージエンジンを使用する場合よりも優れたパフォーマンスを提供します。プラグイン有効化に関する詳細は、「参照」セクションにリンクされた MySQL ドキュメントを参照してください。

MySQL の全ユーザーは、バックポートされたパッチが含まれるこれらの更新済みパッケージへアップグレードし、この拡張機能を追加してこの問題を修正する必要があります。
この更新のインストール後、 MySQL サーバーデーモン(mysqld)が自動的に再起動します。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?9ba82b81

プラグインの詳細

深刻度: Low

ID: 61341

ファイル名: sl_20120620_mysql_on_SL6_x.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2012/8/1

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Low

Base Score: 3.5

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:S/C:N/I:N/A:P

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:mysql, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:mysql-bench, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:mysql-debuginfo, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:mysql-devel, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:mysql-embedded, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:mysql-embedded-devel, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:mysql-libs, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:mysql-server, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:mysql-test, x-cpe:/o:fermilab:scientific_linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

パッチ公開日: 2012/6/20

脆弱性公開日: 2012/8/17

参照情報

CVE: CVE-2012-2102